« 世界の経済都市の分布 | トップページ | 甲状腺への内部被曝 »

2011年7月18日 (月)

大陸別の経済都市

世界の大都市の分布状況の経済都市版。
経済都市を大陸、大州別で見ていく。

まずは都市数、()内は人口のもの。
ユーラシア 45 (153)
アジア 25 (121)
東アジア 15 (59)
東南アジア 4 (14)
南アジア 0 (26)
西アジア 6 (22)
ヨーロッパ 20 ( 32)
アフリカ 1 ( 33)
北アメリカ 35 ( 45)
南アメリカ 4 ( 23)
オセアニア 2 ( 3)

そして、最大都市。
こちらは変動が少ない。
ユーラシア 東京
アジア 東京
東アジア 東京
東南アジア シンガポール (ジャカルタ)
南アジア - (デリー)
西アジア イスタンブール
ヨーロッパ ロンドン (モスクワ)
アフリカ カイロ
北アメリカ ニューヨーク
南アメリカ サンパウロ
オセアニア シドニー

分布図は複数都市の有る場合だけ作成。
0都市の南アジアとカイロだけのアフリカは無し。

北アメリカ

メキシコシティ(7位)、
トロント(13位)、モントリオール(18位)、バンクーバー(35位)
以外は全てUSA。
中でも重なり合うのは
ニューヨーク(1位)+ワシントン(4位)+ボストン(6位)
ロサンゼルス(2位)+サンディエゴ(16位)
サンフランシスコ(5位)+サクラメント(26位)
デトロイト(12位)+クリーブランド(20位)
タンパ(22位)+オーランド(23位)
と近接経済都市圏も多い。

N_america_2

南アメリカ

ほぼ同じ経済規模のサンパウロ、ブエノスアイレスに加えて、
リオデジャネイロ、サンティアゴの4都市だけだから覚えておきたい。

S_america_2

ヨーロッパ

Top3のロンドン、エッセン、パリの集密度が高い。
ロンドン(1位)、マンチェスター(7位)、バーミンガム(13位)は連なり、
エッセン(2位)、アムステルダム(5位)、ブリュッセル(9位)、
フランクフルト(11位)、マンハイム(19位)は団子である。

こう見ると、イスタンブール、カイロ、テルアビブも
もはやヨーロッパ圏か。

Europe_2

西アジア

湾岸諸国までがヨーロッパの出先に見える。
その最も出っ張ったのがドバイだ。

W_asia_2

東南アジア

シンガポールが突出。
割と経度が揃っている。
北東部には香港、広州、台湾が控える。

Se_asia_2

東アジア

1位の東京から2位のソウルへの連なりが目を引く。
実際に円が重なっているのは
東京(1位)+大阪(3位)+名古屋(5位)と
ソウル(2位)+プサン(10位)+テグ(14位)である。
それ以外は
香港(4位)+広州(8位)と
台北(6位)+台中(11位)である。
そして、これらがバンコクまで一直線上にあるようにも見える。

E_asia_4

オセアニア

シドニーとメルボルンだが、
最も近いジャカルタまで遠く、
孤立していることがわかる。

Oceania_2

« 世界の経済都市の分布 | トップページ | 甲状腺への内部被曝 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/40856696

この記事へのトラックバック一覧です: 大陸別の経済都市:

« 世界の経済都市の分布 | トップページ | 甲状腺への内部被曝 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ