« 中国の経済都市圏2 | トップページ | ゼッタイに言い訳をしない »

2011年8月 4日 (木)

中国の経済都市圏の分布

(下のアイコンをクリックすると本来のサイズ)

China_2

中国の経済都市圏2を図にしてみた。

円の半径は大陸別の経済都市と同スケールにしてある。
計算基準が違うせいもあるが、
そのページの東アジアの図とは趣が大きく異なる。

とにかく都市の規模が大きい。

上海(1)+杭州(8)+南京(9)+宁波(17)+温州(27)+合肥(30)

广州(3)+香港(4)+茂名(29)+澳门(31)

激しく重なる一方、

北京(2)+青岛(5)+郑州(6)+济南(7)+徐州(10)+石家庄(21)+邯郸(23)

ちょうど円を並べたように広がっている。

その他で重なっているのは
哈尔滨(12)+大庆(28)

长沙(14)+衡阳(36)
のみ。

それ以外は孤立している。

人口分布である世界の大都市の分布状況
東アジアと比べれば、
沿岸部の経済効率が高いのが良くわかる。

中国省级行政区GDP规模分布图 - 2010年数据
と似た傾向と言えば良いだろうか。

« 中国の経済都市圏2 | トップページ | ゼッタイに言い訳をしない »

中国」カテゴリの記事

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/41073304

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の経済都市圏の分布:

« 中国の経済都市圏2 | トップページ | ゼッタイに言い訳をしない »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ