« 保養ツアー | トップページ | 岩手県の給食汚染 »

2012年3月 2日 (金)

道州制ではなく七州ではどうか

最近、中田前横浜市長、河村現名古屋市長、橋本現大阪市長と、
都道府県の下に当たる市町村の首長がマスコミで取り上げられている。

そこで思い立ってその人口規模を調べたのが
日本の主な行政単位とその首長である。

調べてすぐに思ったのが都道府県の人口規模の格差だ。
最大の東京都と最小の鳥取県の差が22倍を超える。
東京は都だからとしても
最大の県、神奈川県との差でも15倍を超える。
これで同じ県として扱うのは無理というものだ。

そして、都道府県と同程度の市及び特別区が極めて多い。
特別区とは東京23区の構成区だが、市と同格と見做せる。
実際、英語名ではcityを採用している。

さて、言いたかったのは、47都道府県と言うのに対し、
鳥取県より大きい市と特別区は27もある、ということだ。
これでは都道府県と市町村の垣根が曖昧過ぎよう。

この状況下で行われているのが、
政令指定都市の乱発である。
相模原市が認定された時、
元住民として呆れてしまった。
あの市が県と同レベル扱いされては
地方自治は滅茶苦茶だろう。

引き金は平成の大合併でもあろうが、
ここでは、都道府県の合併を試してみた。
これは道州制につながる話しでもある。

やり方は最も小さい都道府県から合併で解消していくようにする。
細かく言うよりは、やりながら示していこう。

---

まず、最小の鳥取県。
これを地図で見る。県境の長さから見て合併先は岡山県だろう。
で、合併。鳥取県58万と岡山県194万で252万となる。
これを便宜上、「岡山2」と呼ぶことにしておく。
やや皮肉だが、これで最小の政令市である岡山市より小さい県は無くなる。

次は、島根県。山陰の2県は似ている。
同じように県境の長さから広島県に合併。
島根県71万と広島県285万で「広島2」356万が誕生。
これで静岡市と先述の相模原市、
また、次年度に政令市以降予定の熊本市はもはや小さいことになる。

続くのは高知県。ここも県境の長さから愛媛県に合併。
高知県75万と愛媛県142万で「愛媛2」217万が誕生。

次も同じく四国の徳島県。これはやや悩ましい。
香川県と「愛媛2」が候補で、「愛媛2」の方が県境は長い。
しかし、細長い気もするので、ここでは香川県と合併させる。
徳島県77万と香川県99万で「香川2」177万の誕生。
これで浜松市も県以下の人口となり、
静岡県の両都市が県と同格とは言えなくなる。

続けよう。次は福井県。
これは「香川2」同様、丸っこくするには滋賀県しかない。
福井県80万と滋賀県141万で「滋賀2」221万の誕生。
ここで県未満となる政令市は新潟市と堺市だ。

次は佐賀県。これも形状的に福岡県だろう。
佐賀県84万と福岡県508万で「福岡2」592万の誕生。

次が山梨県。ここでようやく東日本だ。
如何に小さい県が西日本にあるか、わかるというもの。
これも形状的に静岡県で決まり。
山梨県85万と静岡県374万で「静岡2」460万の誕生。
県未満の政令市として千葉市と北九州市が落ちる。
そして、最大の特別区、世田谷区も落ちて、
残りが政令市だけとなる。

ここで止める解もあるが、まだ政令市は10もある。
合併して数が減っているが、都道府県数の方は40である。

続ける。次は和歌山県。形状的に奈良県だろう。
和歌山県99万と奈良県139万で「奈良2」238万の誕生。
ここで残りは全て100万以上となる。
かと言って100万という数字に特に意味は無い。
100万以上だが、仙台市はここで県未満の存在となる。

次が秋田県。やっと北日本。北日本は大きな県が多いのだ。
これは形状的に岩手県が相手。
秋田県107万と岩手県131万で「岩手2」238万の誕生。

次は富山県。形状的に石川県だろう。
富山県108万と石川県116万で「石川2」225万の誕生。

次は宮崎県。悩ましいが形状を優先して熊本県としよう。
宮崎県113万と熊本県181万で「熊本2」294万の誕生。

次は山形県。形状で宮城県だろう。
山形県115万と宮城県232万で「宮城2」348万の誕生。
これで広島市が県未満となる。

次は大分県。これは悩ましいが、形状から「熊本2」と合併。
初めての3県合併。
大分県119万と「熊本2」294万で「熊本3」413万の誕生。
これでさいたま市も県未満となる。

次は青森県。これは「岩手2」しかなかろう。
青森県136万と「岩手2」238万で「青森3」374万の誕生。
これは最大県が青森なので名前も変えた。

次は沖縄県。これは鹿児島県しかないだろう。
沖縄県140万と鹿児島県169万で「鹿児島2」310万の誕生。

次は長崎県。これは「福岡2」しかない。
長崎県141万と「福岡2」592万で「福岡3」734万の誕生。
これで川崎市も県未満となる。
私は小さい頃、この川崎市の政令市に異論があったものだ。

次は山口県。これは「広島2」しかない。
山口県144万と「広島2」356万で「広島3」500万の誕生。
ここで京都市、福岡市、神戸市と一挙に3政令市が県以下となる。

次は初の合併県「香川2」。合併したのに小さい。
しかも合併先は「愛媛2」しかなかろう。
「香川2」177万と「愛媛2」217万で「愛媛4」395万の誕生。
初の4県合併であった。単に四国を細かくし過ぎなのだが。

さて、次が三重県。これはなかなか悩ましい。
伊勢湾越しに愛知県とか、伊勢・若狭湾を繋ぐ「滋賀2」とか有りうるが、
とりあえず、県境の長さで「奈良2」としておくことにする。
三重県184万と「奈良2」238万で「三重3」423万となる。
ここでも名前を変えた。
そして、札幌市が県未満となった。

次が福島県。これも悩ましいの。
太平洋・日本海を繋ぐ新潟でもよさげだが、
形状を優先して「宮城2」としておこう。
福島県198万と「宮城2」348万で「宮城3」546万となる。

次が栃木県。悩ましいが、茨城も有り得るが、
いびつな群馬県と合併する方が形状は良いだろう。
栃木県199万と群馬県199万で「群馬2」399万の誕生。

次は岐阜県。さすがに日本の真ん中辺り、非常に悩ましい。
候補は愛知県、長野県、「石川2」、「滋賀2」とある。
形状的に岐阜県のくぼみを解消するには「滋賀2」だろうか。
岐阜県199万と「滋賀2」221万で「岐阜3」428万の誕生。

次は長野県。これも悩ましい。
「群馬2」、新潟県、「石川2」、「岐阜3」、「静岡2」が候補か。
これも最大の出っ張り解消という形状面から「静岡2」にするか。
長野県214万と「静岡2」460万で「静岡3」674万の誕生。
これで名古屋市も県未満である。

さて、次は合併県の「石川2」。これは「岐阜3」だろう。
「石川2」225万と「岐阜3」428万で「岐阜5」654万の誕生。
5県合併は初だ。

次が新潟県。これは「宮城3」だろう。
新潟県236万と「宮城3」546万で「新潟4」782万の誕生。
名前は付け替え。

次は「岡山2」252万。これは形状を考え、兵庫県と。
「岡山2」252万と兵庫県558万で「兵庫3」810万の誕生。
名前は付け替え。

次は京都府。遂に府まで来た。
これは形状的に大阪府しかないようだ。
京都府263万と大阪府886万で「大阪2」1149万が誕生する。
1千万を超える合併。
但し、これでようやく大阪が神奈川県を越えて東京都に迫るのだ。
同時に大阪市が県未満に。

次が茨城県。これも悩ましいが、
千葉県の形状を考えると相手は決まるか。
茨城県295万と千葉県620万で「千葉2」916万の誕生。

次が「鹿児島2」。これは「熊本3」のみ。
「鹿児島2」310万と「熊本3」413万で「熊本5」723万の誕生。
これで最大の政令市、横浜市が県未満となる。

ここで止めるのもまた有りだろう。
しかし、まだ同レベルだ。もう少し合併を試みる。
この時点で最大の東京都と「青森3」の差はまだ3倍を超えている。

で、その「青森3」。これは「新潟4」しかない。
「青森3」374万と「新潟4」782万で「新潟7」1157万の誕生。
6県合併の前に初の7県合併となる。
実質上の東北地方。道州制が見えて来る。

次が、実質上の四国「愛媛4」。これは難しい。
「兵庫3」もあるが、「広島3」の方が形状的に丸いだろう。
「愛媛4」395万と「広島3」500万で「広島7」895万の誕生。

次は「群馬2」。これは埼玉県だろう。
「群馬2」399万と埼玉県720万で「埼玉3」1120万の誕生。

次は「三重3」。これは「大阪2」だろう。
「三重3」423万と「大阪2」1149万で「大阪5」1573万の誕生。
ここで初めて東京都を越えたものが現れる。

さて、次に北海道が現れて来る。
さすがに大きな北海道を合併するのはちょっと気が引ける。
この時点で止めてみようか。

---

ここで都道府県の数は14になった。
最大の「大阪5」1573万と最小の北海道549万の差は3倍を下回る。
合併をしないままだったのはこの北海道の他は
愛知県、神奈川県、東京都だ。
割りに良いのではないだろうか。

北から見て行くと
5497406 北海道
11572125 青森県+秋田県+岩手県+宮城県+山形県+福島県+新潟県
9160460 茨城県+千葉県
11203785 栃木県+群馬県+埼玉県
13184161 東京都
9060257 神奈川県
6746194 長野県+山梨県+静岡県
7422898 愛知県
6542351 富山県+石川県+岐阜県+福井県+滋賀県
15731455 三重県+奈良県+和歌山県+大阪府+京都府
8106889 兵庫県+鳥取県+岡山県
8959325 香川県+徳島県+高知県+愛媛県+広島県+島根県+山口県
7344914 福岡県+佐賀県+長崎県
7237326 大分県+熊本県+宮崎県+鹿児島県+沖縄県

こう見ると、何となくもう一段進めても良い気がして来た。
すなわちこうだ。
17069531 北海道 +青森県+秋田県+岩手県+宮城県+山形県+福島県+新潟県
20364245 茨城県+千葉県 +栃木県+群馬県+埼玉県
22244418 東京都 +神奈川県
20711443 長野県+山梨県+静岡県 +愛知県 +富山県+石川県+岐阜県+福井県+滋賀県
15731455 三重県+奈良県+和歌山県+大阪府+京都府
17066214 兵庫県+鳥取県+岡山県 +香川県+徳島県+高知県+愛媛県+広島県+島根県+山口県
14582240 福岡県+佐賀県+長崎県 +大分県+熊本県+宮崎県+鹿児島県+沖縄県

こうすると最大最小の格差は2倍以下だ。実に好ましくはないか。

さらに少し組み換えをすると1.5倍以下を達成した。
最小の合併県と最大の政令市の格差は4倍を超えている。
これなら都道府県と市町村の二重構造はまあ安泰では無いだろうか。

17069531 北海道+青森県+秋田県+岩手県+宮城県+山形県+福島県+新潟県
20364245 茨城県+千葉県+栃木県+群馬県+埼玉県
22244418 東京都+神奈川県
18493761 長野県+山梨県+静岡県+愛知県+富山県+石川県+岐阜県
17949137 福井県+滋賀県 +三重県+奈良県+和歌山県+大阪府+京都府
15625486 兵庫県+鳥取県+岡山県+香川県+徳島県+高知県+愛媛県+広島県+島根県
16022968 山口県 +福岡県+佐賀県+長崎県+大分県+熊本県+宮崎県+鹿児島県+沖縄県

これを「州」で言い換えて、以下の七州ではどうか。
州内の人口の多い市・特別区のベスト3は以下の通り。
北日本州 札幌市、◎仙台市、新潟市
北関東州 ◎さいたま市、千葉市、船橋市
南関東州 ◎横浜市、川崎市、世田谷区
中部州 ◎名古屋市、浜松市、静岡市
近畿州 大阪市、◎京都市、堺市
瀬戸内州 神戸市、広島市、◎岡山市
西日本州 福岡市、北九州市、◎熊本市

◎は勝手に考えてみた首府の都市。
地理的に真ん中辺りを選んだつもり。

都道府県境をいじっていないので
あの廃藩置県よりは温和なものである。

« 保養ツアー | トップページ | 岩手県の給食汚染 »

つぶやき」カテゴリの記事

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/44337510

この記事へのトラックバック一覧です: 道州制ではなく七州ではどうか:

« 保養ツアー | トップページ | 岩手県の給食汚染 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ