« 武蔵境駅の南北自由通路 | トップページ | 武蔵境駅北口駅前広場-「L」の字案- »

2012年4月23日 (月)

歩行者重視の武蔵境駅北口広場整備案

先週末、プレイスに行った。
スイングからプレイスに抜ける道の幅が倍になっていた。
駅の整備が着々と進んでいるようだ。
武蔵境駅北口駅前広場の整備も時間の問題かもしれない。

と、追い立てられているようなので、
私がこれまでに感じたことを基に
自分なりに武蔵境駅の北口の在り方を考えてみる。

第一の主導原理は「駅は一義的に人のもの」である。
駅は電車が止まり、人が乗り降りする場所だ。
人が快適に過ごせることが第一の条件になる。

そうすると欠かせないのは人の占有部分の確保だ。
北口は市政センターからスイングに到るスイング通りに
幅広の歩道を有する。
これが基準だ。
ここより駅に近い側でこれより歩道が狭いところが有ってはならない。
現状で言うとマックの前の1mに満たないガードレールなどもっての他だ。

南北のスイング通りの両端には既に歩道が整備されている訳だから
東西の道に同等の歩道を道の左右に整備する。
駅の東西に有った旧踏切までの区間である。
北口の東西の道は元々狭い。
歩道を確保すると
おそらく一方通行の一車線の車道しか確保できないことだろう。
しかし、駅は人が主体の場所だ。
その条件の下で車両交通を考えるべきである。

さて、ではその車両交通を考えてみようか。
一番の大きいのはバスであろうか。
できるだけ車両の駅への進入を避けるには
例えば、バスの進入を認めないことが有り得る。

埼玉県の北浦和駅東口にその例が有る。
狭い東口からバスを追放。
駅前から東進、大通りを越えた向こうに
バスターミナルを設置した。
そこの2Fにはクイーンズ伊勢丹を配置。
バスの乗客を
ターミナルに続く駅前通り若しくはクイーンズでの買物客、
と捉えてうまく成功しているようである。

境だとエコスのところに
そのようなバスターミナルを設置することが考えられる。
あそこは武蔵高校通りと浄水場通りを東西に従えている。
しかもそこに到るはスキップ通りだ。
絶好の場所とも思える。
難を言えば北浦和の例よりは駅から遠いことだろうか。

近くに置くというならば別に北口に固執することは無い。
現在の南口バスプールにはかなりのゆとりがある。
バスの北口への流入を止め、南口発着としても良い。
踏切が無い今、そのような解も無い訳ではないのだ。

現に田無駅南口がそうである。
乗客は南口にバスが近づいた時に降りる。
田無ではまだ踏切が有るので
降りて南口に徒歩で向かった方が早いのだ。
一方で帰りは北口で乗車する。
座れる可能性が高いからである。

まあ、田無を持ち出さなくとも
吉祥寺駅南口にバスターミナルなどは無い。

ただ、現に今、バスが駅の近くまで来ている以上、
北口を完全に回避するのは難しいかもしれない。

となると、スイング通りをもっと活用すべきだ。
3車線のこの道はいつもガラ空きである。
ここにバス停を配置すれば良い。
歩道も広く、バス待ちの客が並んでもそれほど圧迫感も無いだろう。
スキップ通りと平行しており、買物にも便利だ。
特に西口改札ができることを先日知った。
もはや改札から遠いと言うことは無い。

現在の東西のバス停の中ノ島を廃止、
スイング通りの南北に並べるだけでよい。
バスはスイングの南を西への一方通行で排出させる。
ちょうどスイングと市政センターを含むブロックを
大きなロータリーとしたように運用するのだ。

これなら北口の工事も容易である。
大屋クリニックから元踏切までの南北の大通りの貫通、
スイング南の西への一方通行道路の整備、
バス停のスイング通りへの恒久的移動、
旧駅階段撤去を含む北口歩行者用広場の整備、
で全て終わりだ。
この際、スキップ通り側の道路を廃止して
完全に歩行者空間としても良いかもしれない。
名付けるなら、スキップ広場だ。

道路を完全には廃止にしない歩行者優先の車道も考えられる。
広場一面を明るい色のカラータイルで覆い、
車が通行しても良い場所をポールだけで明示するのだ。
断じてガードレールを使ってはいけない。
あれは車道に歩行者が出て来ないように制限するもので
車のためのものである。
歩行者優先の駅前広場には有ってはならないものだ。

ところで、現在のバスプールの向かいには
タクシー待ちのスペースが有る。
上記の場合だとそれを廃止することになる。
では、タクシーをどうするのか。

タクシーだけ、エコスの場所に移動するのはナンセンスだろう。
しかし、南口はどうだろうか。
現にタクシープールの稼働率は低い。
踏切の無い今、北口にもタクシープールが要るだろうか。

もしそれでも要ると言うのならばスイング通りに配置すれば良い。
上記の設定ならば、スイング通りは南への一方通行となる。
そして三車線も有るのだ。
バスは東側の歩道を使い、タクシーは西側の歩道を使えば良い。
ちょうどスイングの目の前がタクシー乗り場になろうか。
まあ、一番南をムーバスに譲っても良いだろうが。

さて、こう見ると今の東西のバス、タクシー乗り場を
南北のバス、タクシー乗り場にするだけとなる。
現在の出口が西口改札に変わるだけだから
改札口からの距離も変わらない。
広いスイング通りの活用にもなるし、
結構良い様に思うが如何だろうか。


« 武蔵境駅の南北自由通路 | トップページ | 武蔵境駅北口駅前広場-「L」の字案- »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きっとこの案を採用すると自転車の自由度がまして車対歩行者が自転車対歩行者に変わりますね。

駅前の問題はバスより一般車の流入が問題です。
違う視線で良く駅前を見て下さい。
1日何台のたった一人の送り迎えの為の乗用車が出入りし違法駐車しているか、しかも駅に一番近い場所に・・・

過去の、こんな取り留めの無い文章にコメントをどうも。

そうですね、民度が低いので何やっても無駄かな、
と最近は思っています。

自転車は、踏切が無くなっているにもかかわらず、
平然と駅構内を通過する人々。
南口の東西は駅に関係の無い交通だらけ。
北口のスキップ通りも人の間をすり抜けていくし。
スリッパ履きやくわえタバコで。。。
まあ、広くして密度を低くするのが一つの解でしょうか。

一般車は、顔が見づらい分、厚顔無恥度がもっと高いですね。
南口のバスロータリーでは何時間も駐車したままの一般車。
スウィング通りや獣医大南の大通りも一般車の駐車場と化しています。

それでも今、想定している考えは

1. クイーンズ伊勢丹の前をタクシー専用レーンとする。
東向きの一車線で一方通行で。
つまり、一般車乗り入れ禁止。
特に北から南への最も交通量の多い駅に関係の無い車両の流入禁止。

2. バスは現状通り北から入って東へ抜けるさせる。
但し、東向きは一車線、一方通行のバス専用レーン。
バス停は北口・西口間、及び、スウィング通り沿いに配置。

これで一般車は流入できません。それでも入って来るでしょうが、
長時間の停車はもはや不可能になります。
大体、レーンでなくプールにしてしまうから一般車が甘えるのです。

3. それ以外は全て歩行者空間とする。
同時に、自転車の走りにくい路面とする。
南口のアスファルトの歩道などは
自転車、走って下さい、って感じですから。
ただ、カラー舗装のスキップ通りの現状を見ると
進入禁止のポールまで踏み込まないとダメかもしれません。
その場合は、スキップ通り北端、エコス西端、ホテルメッツ東端には
少なくとも必要でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/44993304

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行者重視の武蔵境駅北口広場整備案:

« 武蔵境駅の南北自由通路 | トップページ | 武蔵境駅北口駅前広場-「L」の字案- »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ