« 3Dグラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | Memoryと他のサブスコア »

2013年1月 7日 (月)

CPUと他のサブスコア

個別のサブスコアについて書き終えたので、
ここからはサブスコア間の関係を見ていく。

以下はCPUに対する他のサブスコアだ。
C,M,G,G3,DはCPU,Memory,Graphics,3D Graphics,HDDをそれぞれ表す。
横軸Cに対して、その他のサブスコアをCを引いた上でオフセットを加えた。

Cpu

右下がりの系列が特にDやMで目立つが、これはCと無関係を表す。
HDDやMemoryでCPUに関係なく5.9をサブスコアに持つマシンが多いのだ。

一方で右上にMの短い横棒がある。これはMemoryとCPUが同値を持つという意味だ。
CPUが高い領域でMemoryの値がCPUによって制限されていることを指す。
ただ、これはエクスペリエンスの基本スコアには影響を与えない良種の制限である。

最も悪いのは基本スコアを落とすことだ。
それはGとG3に見られる。
オフセットは等幅なのでMとDの間に均等に配置されていればまだ良いのだが、
残念ながらそれより下寄り、Dの5.9の系列に近づいているものが多い。
特にGraphicsでその傾向が顕著だ。

ただ、CPUで6を超えるとMの5.9の系列に近づいたものが見えてくるので
こういったものが入手するのが好ましいと言えよう。

« 3Dグラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | Memoryと他のサブスコア »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/48639457

この記事へのトラックバック一覧です: CPUと他のサブスコア:

« 3Dグラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | Memoryと他のサブスコア »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ