« グラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | 3Dグラフィクスのエクスペリエンス »

2013年1月 5日 (土)

メモリのエクスペリエンス

さて、残り2つ。揺らいだ方を見ていこう。
メモリは17例がゆらぎ、その幅は0.1から0.7ポイントに及んだ。
メモリはある意味でプロセスの消耗品なので、
ちょっとした負荷がかかっていると値が減りそうではある。

まあとりあえず、分布図を見る。

Photo

これには顕著なプラトーがある。値はやはり5.9である。USB2.0の壁なのか。

詳細ではメモリの量が示されている。
これとの関係をグラフにすると次のようになる。

2

メモリの量はデスクリートで倍々なのでlogでは等幅の飛び飛びになるが、
大まかに言って相関は見られるだろう。
ただ、横に長い棒となった。同じメモリの量でもサブスコアが異なるわけだ。
特に真ん中4GBの棒は長い。7.7から5.7に及ぶ。

5.9を含んでいるが、
実は4GBでサブスコアが5.9のものは148サンプルにも及ぶ。
これがプラトーの犯人である。
おそらく本当は5.9以上の性能を持つが
USB2.0なのか速度制限がかかっている格好だ。


« グラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | 3Dグラフィクスのエクスペリエンス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/48613601

この記事へのトラックバック一覧です: メモリのエクスペリエンス:

« グラフィクスのエクスペリエンス | トップページ | 3Dグラフィクスのエクスペリエンス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ