« 国際路線数から見た日本に密接な言語 | トップページ | 失われる日本の伝統 »

2013年12月11日 (水)

国際路線でつながる都市の年平均気温

言語のついでに気温も調べた。
最高がジャカルタ 28.7C
最低がウランバートル -0.7C
さすがに世界は広い。ウランバートルは冷凍庫だ。

折角、路線数があるので重み平均を取ると18.4C。
杭州18.5Cが最も近い。

ちなみに日本の各都市は
札幌 8.9C
東京 16.3C
大阪 16.9C
福岡 17.0C
鹿児島 18.6C
那覇 23.1C

平均すると九州南部へと路線は広がっていると言える。
個人的に年平均20C位が良いと思っている。
東京辺りは寒いのだ。
暖房と冷房の稼働時間から考えれば当然だ。
おそらく那覇では冷房、鹿児島では暖房が勝つだろう。

ちなみにこのリスト中で20Cに最も近いのはゴールドコースト20.2C。
世界的な保養地。やはり気候が良いところは人気が高い。
まあ、平均しか見ていない話しだが。

« 国際路線数から見た日本に密接な言語 | トップページ | 失われる日本の伝統 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/54224976

この記事へのトラックバック一覧です: 国際路線でつながる都市の年平均気温:

« 国際路線数から見た日本に密接な言語 | トップページ | 失われる日本の伝統 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ