« 日本人の主な海外渡航先 | トップページ | 日本人率の高い海外渡航先 »

2014年2月 2日 (日)

外国からの訪日者数の季節変化

Photo

2月が最低なのは寒くて晴れない東京からすると当然か。雪降るし。
でも、7月って梅雨じゃないか。みんな北海道ってことも無いと思うが。
4月は桜、10月は紅葉だろうか。

これを大陸別に見ると(クリックで元サイズ)

Photo_2

アジアが世界累計とそっくり。それもそのはず。縦軸を見ればアジアからが大半。
次ぐ北アメリカ、ヨーロッパが並び、オセアニア、南アメリカ、アフリカは随分と桁違い。
まあ大体この順で夏のピークが落ち込んでいく。
オセアニア、南アメリカに12月のピーク有り。向こうの夏休みかな。
アフリカの10月は何だろう。まあ、統計としては小さいのだが。

上位6カ国は

Photo_3

縦軸を見ると本来は3位の中国は1,2位を争うはずだったが、この年は反日の年。
尖閣国有化宣言が9月でそれがもろに出ている。
タイが他者とかなり違う。回帰線と赤道の間なので太陽が真上に来るのが年に2回。
その影響だろうか。良く分からん。アフリカの10月と同じかな。

元データ:
http://www.naa.jp/jp/issue/yakuwarigenjyo/2013/index.html p62 表1-6

« 日本人の主な海外渡航先 | トップページ | 日本人率の高い海外渡航先 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/54835941

この記事へのトラックバック一覧です: 外国からの訪日者数の季節変化:

« 日本人の主な海外渡航先 | トップページ | 日本人率の高い海外渡航先 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ