« 多摩川と江戸川と東京 | トップページ | 川の上流、中流、下流 »

2014年10月 2日 (木)

荒川と多摩川と東京

東京都を縁取る川は
神奈川県との境の多摩川、
千葉県との境の江戸川だけではない。
もう一つ、埼玉県との境を形成する荒川がある。

Photo

図の薄い緑色が荒川だ。
江戸川よりやや西で東京湾に注ぎ込むが、
内陸の川口の南で埼玉県との境となっている。
江戸-利根川が北に向かったのに対し、
荒川は途中から南に向かい、
源流は多摩川とは一山向こうに過ぎなくなっている。
雲取山頂上に立ち、両手から水を垂らせば、
片方は荒川に、もう片方は多摩川に流れ込みそうである。
そう思って、江戸川を気前良く捨てると見通しが良くなる。

Photo_2

神奈川県との境が多摩川から離れる地点と
埼玉県との境が荒川から離れる地点を結んだのがこの図だ。
この青線と荒川、東京湾、多摩川で囲まれた地域が東京中心部と言えようか。
その外は東京都市圏の外縁部だ。
八王子、町田は横浜と同じく多摩川の南。
23区であっても荒川の東はさいたま、千葉と同じ。
青線より西は所沢や川越と同じセクターになる。

青線部分を拡大すると明確な境となりそうなものが特にはない。
敢えて選ぶなら環八通りか武蔵野線だろう。
狭めが環八通りで広めが武蔵野線だ。
23区で外された江戸川、葛飾、足立区民は環八通りを選ぶだろうか。
まあ、武蔵野線は地下部分が地上からはわからないので環八になりそうだ。

« 多摩川と江戸川と東京 | トップページ | 川の上流、中流、下流 »

つぶやき」カテゴリの記事

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/57553087

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川と多摩川と東京:

« 多摩川と江戸川と東京 | トップページ | 川の上流、中流、下流 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ