« 都道府県の順番6 | トップページ | 各都道府県の乗降客数No1 »

2015年3月22日 (日)

都道府県の順番7

問題7: この並びは何の順?

東京都
埼玉県
神奈川県
千葉県
群馬県
山梨県
栃木県
茨城県
静岡県
長野県
宮城県
福島県
富山県
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
山形県
岐阜県
三重県
奈良県
福井県
青森県
岩手県
石川県
岡山県
和歌山県
愛知県
香川県
秋田県
新潟県
徳島県
鳥取県
愛媛県
島根県
高知県
広島県
福岡県
山口県
北海道
佐賀県
大分県
長崎県
熊本県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

東京が1位で沖縄が最下位。距離の順じゃないのか?
良く見ると、大阪、兵庫が順位を上げている。
答えは費用。
順位5で価格のソートにしたもの。
安価な高速バスがあると上位に来る。
特に人口が多ければ需要と供給のバランスで値段は下がるというもの。

新潟、愛知が比較的下位だが、これは最寄り駅の選定に依る。
関谷駅を新潟、市役所駅を名古屋にすれば、
各、富山より上、山形より上になる。
しかし、それを言い出すとキリが無い。
一番条件の良いところを都道府県の代表にしてしまうからだ。

« 都道府県の順番6 | トップページ | 各都道府県の乗降客数No1 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/59359123

この記事へのトラックバック一覧です: 都道府県の順番7:

« 都道府県の順番6 | トップページ | 各都道府県の乗降客数No1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ