« 都道府県の順番7 | トップページ | 京王相模原線/若葉台に行ってみた »

2015年4月13日 (月)

各都道府県の乗降客数No1

都道府県 交通ハブ 乗降客数 人口 人口比
北海道 札幌 557,293 5,432,200 10.26%
青森県 青森 12,924 1,318,059 0.98%
岩手県 盛岡 44,139 1,281,370 3.44%
宮城県 仙台 242,112 2,326,948 10.40%
秋田県 秋田 22,320 1,032,823 2.16%
山形県 山形 21,036 1,127,578 1.87%
福島県 福島 32,860 1,933,753 1.70%
茨城県 取手 68,170 2,917,596 2.34%
栃木県 宇都宮 68,046 1,979,039 3.44%
群馬県 高崎 57,581 1,974,555 2.92%
埼玉県 大宮 646,534 7,239,072 8.93%
千葉県 西船橋 525,337 6,197,214 8.48%
東京都 新宿 3,719,830 13,392,417 27.78%
神奈川県 横浜 1,981,075 9,097,624 21.78%
新潟県 新潟 73,422 2,308,704 3.18%
富山県 富山 46,141 1,068,034 4.32%
石川県 金沢 44,326 1,154,349 3.84%
福井県 福井 24,677 788,453 3.13%
山梨県 甲府 27,216 838,260 3.25%
長野県 長野 51,195 2,103,802 2.43%
岐阜県 岐阜 83,777 2,038,345 4.11%
静岡県 静岡 116,000 3,690,175 3.14%
愛知県 名古屋 1,126,677 7,445,821 15.13%
三重県 近鉄四日市 47,102 1,817,649 2.59%
滋賀県 石山 57,243 1,416,310 4.04%
京都府 京都 630,047 2,610,972 24.13%
大阪府 梅田 2,297,351 8,845,977 25.97%
兵庫県 三ノ宮 651,997 5,534,661 11.78%
奈良県 王寺 67,020 1,374,285 4.88%
和歌山県 和歌山 43,337 968,461 4.47%
鳥取県 鳥取 11,170 573,155 1.95%
島根県 松江 8,810 695,489 1.27%
岡山県 岡山 126,757 1,923,364 6.59%
広島県 広島 175,064 2,831,202 6.18%
山口県 下関 20,864 1,405,176 1.48%
徳島県 徳島 16,438 762,028 2.16%
香川県 高松 34,761 979,394 3.55%
愛媛県 松山市 25,756 1,392,314 1.85%
高知県 高知 11,915 736,062 1.62%
福岡県 博多 387,644 5,091,964 7.61%
佐賀県 佐賀 23,394 833,720 2.81%
長崎県 長崎 28,873 1,382,864 2.09%
熊本県 熊本 31,663 1,792,634 1.77%
大分県 大分 33,302 1,169,599 2.85%
宮崎県 宮崎 11,211 1,113,466 1.01%
鹿児島県 鹿児島中央 39,766 1,666,896 2.39%
沖縄県 那覇空港 52,931 1,425,707 3.71%

都道府県の順番5で各都道府県庁の最寄り駅を使ったが、一体交通のハブは何処なのだろうと調査してみた。そのために使用したのが乗降客数のデータ。国交省の13年度のものがメイン。抜けていたJR九州、JR東海、京阪、名鉄、神戸電鉄などはwebから拾った。

駅名の一致は梅田=大阪で見られる通り、意味が無いので位置の一致を使った。その際には駅周辺の様子をGoogle Mapで地下街や写真でひさしの有無などを確認した。乗換えを意図しながら、道の横断で切られているものまでは繋がっているとした。その意味で特に厳密なものではない。よってランキングにはしていない。

同一とみなした駅の乗降客数を積算したので異なる会社の乗り継ぎ駅が目立つようになっている。そこは運賃の発生している場所でも有るので交通各社のドル箱でもある。そのため、取手、西船橋、石山、王寺など、大都市圏の一見無名な駅が含まれる。高崎、近鉄四日市、下関などは無名とも言えないだろうが、県庁より大都市圏寄りにはなっているので影響があるのだろう。

その上で、ざっと見て、百万を超えるのが、3つ。北から、新宿・横浜、名古屋、梅田の三大都市圏である。それらに隣接しないで、十万を超えるのが、札幌、仙台、岡山・広島、博多となる。これで七大都市圏だろうか。logで3倍が半分だから、三十万で切れば、札幌、博多までで五大都市圏とも言える。

Log

さらに人口との比を取っても先の傾向は似ている。人口比でソートした下の図では5%の辺りに変曲点があるようにも見える。因みに5%以上の順位は以下の通り。
東京都
大阪府
京都府
神奈川県
愛知県
兵庫県
宮城県
北海道
埼玉県
千葉県
福岡県
岡山県
広島県

Jinkohi


« 都道府県の順番7 | トップページ | 京王相模原線/若葉台に行ってみた »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/59631737

この記事へのトラックバック一覧です: 各都道府県の乗降客数No1:

« 都道府県の順番7 | トップページ | 京王相模原線/若葉台に行ってみた »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ