« Windows10の起動ディスクがSSDか否かを確認する方法 | トップページ | 増えるeMMC 64GBモデル »

2017年2月23日 (木)

量販店でもSSDが主流に。

昨年の12月辺りから量販店での店頭PCのSSD率を調べてみた。
これまで50+-20台程度の8店舗で20+-10%の感じであった。

先日、200台を超える店頭モデルのある超大型店に行ったところ、劇的に異なる数値を得た。
誤差があるものの50%を超えたのだ。
1000台以上の掲載を誇る価格.comと同じ傾向を示した訳である。

Ssd

おそらく規模が小さめな店舗では店頭モデルを時流に合わせてさっさと交換できるほどの投資はできないため、
これまでの居残りのHDDモデルがまだ幅を利かせているのであろう。

« Windows10の起動ディスクがSSDか否かを確認する方法 | トップページ | 増えるeMMC 64GBモデル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235292/69700336

この記事へのトラックバック一覧です: 量販店でもSSDが主流に。:

« Windows10の起動ディスクがSSDか否かを確認する方法 | トップページ | 増えるeMMC 64GBモデル »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ