パソコン・インターネット

2017年4月11日 (火)

CD, DVD, BDとUSBの速度をMB/sとMbpsで

https://en.wikipedia.org/wiki/DVD#Transfer_rates
https://en.wikipedia.org/wiki/Blu-ray#Drive_speeds
https://en.wikipedia.org/wiki/USB#Overview_2
にCD, DVD, BD, USBの速度が掲載されているが、KiB/s, kB/s, Mbits/sなどが混じり見づらい。

日頃、目にするのはMB/s(記憶媒体)とMbps(通信)なのでそれらに変換。

0.1536 MB/s 1.2288 Mbps CD 1x
1.385 MB/s 11.08 Mbps DVD 1x
4.50 MB/s 36 Mbps BD 1x

0.1875 MB/s 1.5 Mbps USB 1.0
1.50 MB/s 12 Mbps USB 1.1
60 MB/s 480 Mbps USB 2.0
625 MB/s 5000 Mbps USB 3.0
1250 MB/s 10000 Mbps USB 3.1

今持っているDVDは等倍速ではない。調べると以下の通りで、インターフェースはUSB 2.0で十分で実際そうなっていた。

1.5 MB/s 12 Mbps USB 1.1

3.9 MB/s 29 Mbps CD 24x
6.9 MB/s 55 Mbps DVD 5x
8.3 MB/s 66 Mbps DVD 6x
11 MB/s 88 Mbps DVD 8x

60 MB/s 480 Mbps USB 2.0

HDD、eMMC、SSDでシークエンシャル速度は100-500MB/s程度なのでUSB3.0が必要。

インターネット速度は、AkamaiによるとJapanは
19.6 Mbps Average Connection Speed (IPv4)
13.3 Mbps Average Connection Speeds (IPv4) for Mobile Connections
でCD 24xより遅い。

ちなみに
Above 4 Mbps 92 %
Above 10 Mbps 72 %
Above 15 Mpbs 51 %
Above 25 Mbps 23 %
でCD 24xより速いところも有りそうではあるが少数派だ。

なお、IPv6はまだ結果が出揃っていないようだ。

2017年4月 2日 (日)

先月のアクセス統計

ブラウザー別

36.5 Chrome
32.3 Safari
21.5 IE

24.9 Chrome 56
20.7 Safari 20.7
16.9 IE 11

OS別

42.2 Windows
32.6 iOS
21.8 Android

22.6 Windows 7
19.8 iOS 10.2.1
12.8 Windows 10

デバイス別

43.35 PC
33.27 iOS
22.74 Android

2017年2月23日 (木)

増えるeMMC 64GBモデル

先日、大型店に行って、SSD搭載モデルが半数を超えていたことは驚いたことであるが、もう一点気付いたのはeMMC 64GBモデルの増殖である。

1年ほど前はeMMC 32GBモデルが多かったのであるが、この夏のWindows 10 Anniversary Updateで破綻が発覚した。Windows 10の保守要件として、つまりは大型アップデートを受け入れるためにディスクの空き容量が20GB必要とされた。これはそもそもWindows 10が20GBを要するので、合わせると40GBは必要と言うことなのだ。

で、32GBに次ぐディスク容量として64GBモデルがウドのタケノコのように乱立することと相成った。これはタブレット、2-in-1といったモデルが人気であることもあり、単なるノートパソコンであってもこの64GB eMMC構成でエントリーモデル購入層の取り込みを図っているようだ。特にVistaの買い替え需要も有り、良いタイミングなのだろう。

とは言え、40GBなのだから、64GBでも24GBしか余裕はない。Windows 10の要件が空き容量ということはアプリやデータも同様に考えるべきだ。100%間際となったディスクに書き込むのは大変だ。空きがわずかの自由席特急で空席を探すのに骨を折ったことがあるならよくわかるだろう。つまりは24GBの余裕というのは12GBと思うべきで、しかもフォーマットとの関係で更にその数値は圧縮される。昔320GBと300GBのHDDが有り、320GBのものを買ったのにOSから見たら300GBを切っていて、別のものを買わされたと勘違いをした記憶が私にはある。

なので、アプリやデータをそれなりに入れるつもりならもう一段上が目安だろう。実際、ノートパソコンとデスクトップパソコンのSSD搭載モデルは下限が120/128GBモデルになっている。なお、この120GB, 128GBというのは同じものだ。SSDではOver ProvisioningというSSDのシステム領域が有り、SSDの協会のようなところに加盟しているところは128GBのSSDは120GBと表記することになっている。そのOver Provisioningの上にフォーマットやらLBAなどのことで使える領域はさらに減る。そもそもOver Provisioningをした方がSSDのパフォーマンスは上がるので強制Over Provisioningとは別に任意でOver Provisioning領域を増やした方が良いくらいなのだ。

Windows 10が20GB、空きの20GBで40GB。アプリを同程度入れて活用するなら80GB。データをOS, アプリと同程度ぐらい入れて活用するなら160GB。強制Over Provisioning, LBA, 任意Over Provisiningなどを勘案すると240/256GBが一応の理想量であり、実際、この量のSSDを搭載したモデルが最も多い。

量販店でもSSDが主流に。

昨年の12月辺りから量販店での店頭PCのSSD率を調べてみた。
これまで50+-20台程度の8店舗で20+-10%の感じであった。

先日、200台を超える店頭モデルのある超大型店に行ったところ、劇的に異なる数値を得た。
誤差があるものの50%を超えたのだ。
1000台以上の掲載を誇る価格.comと同じ傾向を示した訳である。

Ssd

おそらく規模が小さめな店舗では店頭モデルを時流に合わせてさっさと交換できるほどの投資はできないため、
これまでの居残りのHDDモデルがまだ幅を利かせているのであろう。

Windows10の起動ディスクがSSDか否かを確認する方法

覚え書き。

「エクスプローラー」で「PC」を開く。

Explorer

「C:」ドライブを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。

Right_click

出て来た「C:のプロパティ」の「ツール」パネル中にある「ドライブの最適とデフラグ」で「最適化」をクリック。

Property

出て来た「ドライブの最適化」で「ドライブ」の「C:」の「メディアの種類」が「ソリッドステートドライブ」になっていればWindows 10自体がC:ドライブをSSDとして認識している。

Optmization


2017年2月12日 (日)

SSD搭載Windows 10 ノートPCが半数を超える

夏以来、家電量販店を割りと頻繁に見て回ったが、SSD搭載機をよく見かけるようになっていた。
そこで、ちょっと価格.comでその辺りを調べてみた。

価格.comには古いマシンが混じっていたりするので、フィルターとして搭載OSをWindows 10のHomeとProに絞る。
この時点で掲載ノートパソコンの数は1688。

Windows 10を起動させるには32GBのストレージが必要で、メンテをするにはそれ以上が必要なので
eMMCで33GB以上に絞ると30製品。
SSDでも同様にすると805製品。
つまり、835製品となり、全登録数の半数を超えている。。。

1GB辺りの最安値を見てやると
SSD 28.11円/GB
HDD 2.86円/GB
と差が10倍以内になっている。。。

SSDの最安値と対応するCPUの最安値を見てみた

SSD    最安値 | 最安値 CPUスコア
60GB 3980円 |  3998円 2068 Athlon 5150
120GB 5378円 | 5440円 3003 Celeron G1840
240GB 8324円 | 8410円 5144 A8-7600
480GB 14450円 | 14480円 5028 Core i3 4160
1050GB 29511円 | 29799円 7722 Core i5 4690K

CPUの方は値段だけ見たのでPassMarkが多少上下するが、
まあ、どれくらいのCPUを目指すべきかの指標にはなるだろうか。

2017年2月 2日 (木)

同一機によるHDD, eMMC, SSDの速度比較

3

HDDとSSDの比較は割りに見掛けるが、ここではeMMCも含める。しかも同一機による比較だ。これができたのはAltair VH-AD2というマシンがeMMC機でありながら第二ベイを持っており、そこにHDDなり、SSDを増設できるためだ。

上記のスナップショットは記憶を辿ると、

まず、500GBのHDDを増設し、それを32GBのeMMCからベンチマークを取った。OSとの競合を避けるため、ベンチマーク対象はクリーンな状態にした。

次いで、32GBのOSを500GBにクローン。ここでCDM 5.1.2をCDM 5.2.0(UWP)に換えたようだが、記憶にない。まあいずれにしろ、32GBのeMMCはWipeして0GBの状態にした。そして、500GBのOSから32GBのeMMCを計測。

その後で500GBのOSを32GBに戻し、500GBのHDDを外して、120GBのSSDを装着。32GBのOSから120GBのSSDを計測である。

大まかに言って、HDD < eMMC < SSDと速くなっている。例外はeMMCのSeq WriteでこれはHDDの方が速い。eMMCは大雑把に言うとSeqがHDDに似た速度で、4KがSSDに似た速度だ。

さて、ベンチマーク値は以上の通りだが、体感はと言うと、
HDD <...........< eMMC < SDD
と言えるかと思う。大体、eMMCマシンとして使い始めたが、32GBではWindows 10は立ち上がるものの保守はままならず、Anniversary Updateが降って来て、disk fullで動かなくなり、手元にあった500GBのHDDに緊急避難。そのまま使っていたが、あまりに遅くて耐え切れず、SSDに移行したというのが実際のところなのだ。

そもそもeMMCを知ったのはこのマシンを手に入れる直前で、販売店Kの店員に聞くとHDDより遅い、と言っていたのを思い出す。確かにSeq Wは若干遅いのだが、体感はお話にならないぐらい違った。ベンチマークというと一番大きい値に目が行きがちだが、実際には一番小さい値が大事なのだ。これはかつてのWindows エクスペリエンス インデックスに通じる。最小値で言えば0.4, 14, 24でHDDとeMMC/SSDとは桁違いなのだ。今どきのCPUではこれだけの差は無い。だから、HDDマシンを買う必然性は無いのである。あえて言えばSeq Wがまあまあなのでbackupに使うぐらいだろう。そんなのはその時に外付けHDDを使えば良いだけだ。

2017年1月10日 (火)

市場を席巻するTLC

Tlc

NAND chipはSLC/MLC/TLCと分けられることが多い。順に1bit, 2bit, 3bitで安くなる。
初期は1bit, 2levelのSLCだったが、2006年頃に2bit, 4levelのMLCにシェア50%を奪われ市場を譲る。
そして3bit, 8levelのTLCは初期こそmemory card, USB flash deviceとしてだったが、
2014年にはeMMC/SSDとして市場を席巻する。
(ソースはSamsung_SSD_White_Paper.pdf)

HDDより百倍速いSSD

Hdd

上記はSSDとHDDの比較表。一番右がどれくらい違うかをまとめてある。
二桁違うのが二項目。

ランダムリード/ライトスピード
データアクセスタイム

よく見かける数倍と言うのはシーケンシャルリード/ライトスピードのこと。
こんなものはバックアップやOSインストールなど稀にしかない大規模な入出力時にしか効かない。
ところがそのバックアップなどを仕事にしているデータセンターの人たちがいわゆる専門家なため、
その言質が雑誌などにそのまま流れて誤解されている。
はっきり言ってHDDパソコンとSSDパソコンは別物と考えた方が良い。

SSDのオーバープロビジョニングの効果

Op

OP/Over Provisioningとは早い話がSSDのキャッシュ。
SSDの中でユーザー領域を切り詰めてシステム側に与えること。
つまり、容量が減るのだが、パフォーマンスが良くなり、寿命が延びるということ。
上の例から512GBを480GBに減らす6.8%のOPではパフィーマンスも寿命も約2倍になっている。
それらを約4倍にするには28%ものOPが必要だ。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ