経済・政治・国際

2015年12月13日 (日)

2060年の世界

PwC (PricewaterhouseCoopers)が2060年のGDP (PPPベース)の予測を出していた。
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_IMF_ranked_countries_by_past_and_projected_GDP_(PPP)#Long_term_GDP_estimates

本論に入る前に、このPwCを調べると、Big 4 (四大会計事務所)の一角で、World’s strongest brandsで世界第4位 (2013年)だった (Top 5はフェラーリ、グーグル、コカコーラ、PwC、エルメス)。
http://www.managementtoday.co.uk/news/1171247/kerching-five-valuable-brands-world-unveiled

で、2060年のGDPだが、リンク元ではGDPの数値が載っているが、インフレとかで余り意味が無いので、パーセンテージで再表示すると以下の通り。今から45年後、即ち、これからの世代が相手にする国々の面々をランキングで表示した。

左から順位、パーセント、累積パーセント、国/地域だ。GDPは域内の積分量なので基本的に人口が大きければ大きくなるのだが、それでも人そのものが国力の源だ。

中国が全体の1/4。次ぐインド、アメリカ、インドネシアで全体の半数を超える。そのTop 4を追って、ブラジル、ロシア、メキシコ、ナイジェリア、そして第9位に日本が来る。日本の世界シェアは2%を下回る。次いで、ドイツ、イギリス、トルコ、フランス、サウジアラビア、フィリピン、イタリア、ベトナム、エジプト、韓国、カナダまでがTop 20で、既に世界の3/4を越えている一方で、各国の世界におけるシェアは1%を切っている。

少し前に流行ったBRICs (Brazil, Russia, India, and China)はTop 6に入っている (残りの2つはアメリカとインドネシア)。G7 (先進7ヶ国)をもじったE7 (Emerging 7、新興7ヶ国) のChina, India, Brazil, Russia, Mexico, Indonesia and TurkeyはTop 12までにランクイン (残りの5つはアメリカ、ナイジェリア、日本、ドイツ、イギリス)。BRICSとしたときのS: South Africaは33位止まり。BRICsでTop 6に漏れていたインドネシアが入っているE7でもTop 12からナイジェリアが漏れている。と言う事で未来予測はなかなか難しそうだが、先進・新興と言うのが意味を成さないくらいに両者は互角になるのは間違いないのだろう。

日本に近いアジア地域を抜き出すと、中国、インド、インドネシアがそれぞれ東アジア、南アジア、東南アジアの雄となりそうだ。日本、韓国は中国に次ぐ存在で、フィリピン、ベトナムがインドネシアに次ぐ存在となるのだろう。
更にランキングを追えば、タイ、パキスタン、バングラデシュ、台湾、マレーシアがTop 30までに、シンガポール、ミャンマーがTop 40までに、スリランカ、香港がTop50までには現れている。

2060年のGDP (PPP) by PwC
順位 パーセント 累積パーセント 国/地域
1 24.42% 24.42% China
2 13.85% 38.27% India
3 10.62% 48.90% United States
4 4.04% 52.93% Indonesia
5 2.30% 55.23% Brazil
6 2.22% 57.45% Russia
7 2.17% 59.62% Mexico
8 1.99% 61.62% Nigeria
9 1.96% 63.58% Japan
10 1.65% 65.23% Germany
11 1.54% 66.77% United Kingdom
12 1.53% 68.29% Turkey
13 1.47% 69.77% France
14 1.21% 70.97% Saudi Arabia
15 1.09% 72.06% Philippines
16 1.05% 73.11% Italy
17 0.99% 74.10% Vietnam
18 0.95% 75.05% Egypt
19 0.95% 76.01% South Korea
20 0.92% 76.93% Canada
21 0.92% 77.85% Iraq
22 0.91% 78.76% Thailand
23 0.90% 79.67% Spain
24 0.86% 80.52% Pakistan
25 0.85% 81.38% Iran
26 0.84% 82.22% Bangladesh
27 0.81% 83.03% Taiwan
28 0.75% 83.78% Malaysia
29 0.66% 84.44% Australia
30 0.66% 85.10% Poland
31 0.64% 85.74% Argentina
32 0.52% 86.27% Colombia
33 0.47% 86.73% South Africa
34 0.46% 87.19% Kazakhstan
35 0.45% 87.65% United Arab Emirates
36 0.43% 88.07% Peru
37 0.39% 88.47% Singapore
38 0.38% 88.85% Qatar
39 0.38% 89.23% Algeria
40 0.37% 89.60% Myanmar
41 0.36% 89.96% Netherlands
42 0.33% 90.29% Chile
43 0.33% 90.62% Sri Lanka
44 0.31% 90.93% Hong Kong
45 0.28% 91.21% Sweden
46 0.26% 91.47% Uzbekistan
47 0.25% 91.73% Romania
48 0.25% 91.98% Ethiopia
49 0.25% 92.23% Ukraine
50 0.25% 92.47% Morocco
51 0.24% 92.71% Switzerland
52 0.23% 92.94% Belgium
53 0.22% 93.17% Venezuela
54 0.22% 93.38% Tanzania
55 0.21% 93.60% Kuwait
56 0.21% 93.81% Angola
57 0.20% 94.01% Austria
58 0.20% 94.20% Israel
59 0.19% 94.39% Czech Republic
60 0.19% 94.58% Turkmenistan
61 0.19% 94.77% Ghana
62 0.18% 94.95% Norway
63 0.16% 95.10% Kenya
64 0.14% 95.25% Belarus
65 0.14% 95.39% Azerbaijan
66 0.14% 95.52% Libya
67 0.13% 95.66% Dominican Republic
68 0.13% 95.79% Ireland
69 0.13% 95.92% Hungary
70 0.13% 96.05% Ecuador
71 0.12% 96.17% Denmark
72 0.12% 96.29% Oman
73 0.12% 96.40% Portugal
74 0.11% 96.51% Panama
75 0.11% 96.63% Slovakia
76 0.11% 96.74% Finland
77 0.11% 96.85% Mongolia
78 0.11% 96.96% Tunisia
79 0.11% 97.06% Uganda
80 0.10% 97.17% Greece
81 0.09% 97.26% Sudan
82 0.09% 97.35% New Zealand
83 0.09% 97.44% Cambodia
84 0.09% 97.52% Zambia
85 0.08% 97.61% Guatemala
86 0.08% 97.69% Bulgaria
87 0.08% 97.77% Democratic Republic of the Congo
88 0.08% 97.84% Afghanistan
89 0.07% 97.92% Ivory Coast
90 0.07% 97.98% Syria
91 0.06% 98.05% Cameroon
92 0.06% 98.11% Bolivia
93 0.06% 98.17% Laos
94 0.06% 98.23% Serbia
95 0.06% 98.30% Mozambique
96 0.06% 98.36% Jordan
97 0.06% 98.41% Lebanon
98 0.06% 98.47% Costa Rica
99 0.06% 98.53% Lithuania
100 0.06% 98.59% Nepal
101 0.06% 98.64% Uruguay
102 0.05% 98.70% Paraguay
103 0.05% 98.75% Yemen
104 0.04% 98.79% Bahrain
105 0.04% 98.83% Burkina Faso
106 0.04% 98.87% Croatia
107 0.04% 98.91% Georgia
108 0.03% 98.94% Latvia
109 0.03% 98.98% Senegal
110 0.03% 99.01% Chad
111 0.03% 99.04% Rwanda
112 0.03% 99.08% Botswana
113 0.03% 99.11% Luxembourg
114 0.03% 99.14% Honduras
115 0.03% 99.17% El Salvador
116 0.03% 99.20% Slovenia
117 0.03% 99.23% Tajikistan
118 0.03% 99.26% Republic of the Congo
119 0.03% 99.29% Sierra Leone
120 0.03% 99.31% Niger
121 0.03% 99.34% Estonia
122 0.03% 99.37% Papua New Guinea
123 0.03% 99.40% Madagascar
124 0.03% 99.42% Gabon
125 0.03% 99.45% Nicaragua
126 0.03% 99.47% Mali
127 0.02% 99.50% Bosnia and Herzegovina
128 0.02% 99.52% Malawi
129 0.02% 99.55% Albania
130 0.02% 99.57% Trinidad and Tobago
131 0.02% 99.59% Brunei
132 0.02% 99.61% Namibia
133 0.02% 99.63% Zimbabwe
134 0.02% 99.65% Armenia
135 0.02% 99.67% Guinea
136 0.02% 99.69% Mauritius
137 0.02% 99.71% Benin
138 0.02% 99.73% Macedonia
139 0.02% 99.75% Kyrgyzstan
140 0.02% 99.76% Mauritania
141 0.02% 99.78% Equatorial Guinea
142 0.02% 99.80% Bhutan
143 0.02% 99.81% Kosovo
144 0.01% 99.83% Moldova
145 0.01% 99.84% Haiti
146 0.01% 99.86% Cyprus
147 0.01% 99.87% Jamaica
148 0.01% 99.88% South Sudan
149 0.01% 99.89% Togo
150 0.01% 99.90% Iceland
151 0.01% 99.90% Malta
152 0.01% 99.91% Suriname
153 0.01% 99.92% Burundi
154 0.01% 99.93% Timor-Leste
155 0.01% 99.93% Montenegro
156 0.00% 99.94% Eritrea
157 0.00% 99.94% Guyana
158 0.00% 99.95% Bahamas
159 0.00% 99.95% Lesotho
160 0.00% 99.96% Swaziland
161 0.00% 99.96% Liberia
162 0.00% 99.96% Gambia
163 0.00% 99.97% Fiji
164 0.00% 99.97% Maldives
165 0.00% 99.98% Djibouti
166 0.00% 99.98% Cape Verde
167 0.00% 99.98% Central African Republic
168 0.00% 99.98% Guinea-Bissau
169 0.00% 99.99% Barbados
170 0.00% 99.99% Seychelles
171 0.00% 99.99% Belize
172 0.00% 99.99% São Tomé and Príncipe
173 0.00% 99.99% Saint Lucia
174 0.00% 99.99% Solomon Islands
175 0.00% 99.99% Antigua and Barbuda
176 0.00% 99.99% San Marino
177 0.00% 100.00% Comoros
178 0.00% 100.00% Grenada
179 0.00% 100.00% Saint Kitts and Nevis
180 0.00% 100.00% Saint Vincent and the Grenadines
181 0.00% 100.00% Samoa
182 0.00% 100.00% Vanuatu
183 0.00% 100.00% Dominica
184 0.00% 100.00% Tonga
185 0.00% 100.00% Federated States of Micronesia
186 0.00% 100.00% Marshall Islands
187 0.00% 100.00% Palau
188 0.00% 100.00% Kiribati
189 0.00% 100.00% Tuvalu

2014年12月 6日 (土)

triauto改悪

1ヵ月後にインヴァスト証券のトライオートがトライオートFXに変わる。ハッキリ言って改悪だ。一番大きいのは手数料。これがでか過ぎる。1000通貨単位の取引に4pips。それも片道なので往復で8pips! 同時に行われるスプレッド縮小が最大で1pipだからその大きさに呆れる。

まあ、今までは1万通貨までだったのでフェアではないかもしれないが、その1万通貨だって往復2pips。縮小分は補えない。まじめに計算すると手数料が軽減するのは米ドル円とユーロ米ドルの2ペアだけ。但し、500k以上の取引である。50万通貨は5000万円以上。証拠金でも200万円を超える。

手数料持って行かれてもレートが動けば良いんだろ、ということでトライオート掲載のボラティティを使って手数料比の小さなペアを探してみた。トップ3だけを列記すると、現状ではユーロ円、ポンド円、米ドル円。一ヵ月後の1k取引ではユーロ円、ポンド円、ユーロ豪ドル。10kだとポンド円、ユーロ円、米ドル。100kだと米ドル、ポンド円、ユーロ円。500kだと米ドル円、ユーロ米ドル、ユーロ円。

追尾ゲリラは良さそうに見えるが間を狭くしないと意味が無い。なのに抜き幅が広がっては儲ける機会が減って効率が悪そうだ。改悪前に無理してでも10kでやってみるべきなのか。

2014年10月15日 (水)

観光業の国際競争力

The Travel & Tourism Competitiveness Report 2013
Post date: March 6, 2013
World Economic Forum Geneva/Switzerland
は9 percent of GDPを占めるに到ったTravel & Tourismを
75 indicatorsを駆使して140 economiesを比較したもの

協力者として
Japan
Keio University
Keizai Doyukai
Heizo Takenaka
とかある。

で、そのメインの結果は
Table 1: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013 and 2011 comparison
Switzerland 1 5.66 1
Germany 2 5.39 2
Austria 3 5.39 4
Spain 4 5.38 8
United Kingdom 5 5.38 7
United States 6 5.32 6
France 7 5.31 3
Canada 8 5.28 9
Sweden 9 5.24 5
Singapore 10 5.23 10
Australia 11 5.17 13
New Zealand 12 5.17 19
Netherlands 13 5.14 14
Japan 14 5.13 22
Hong Kong SAR 15 5.11 12
Iceland 16 5.10 11
Finland 17 5.10 17
Belgium 18 5.04 23
Ireland 19 5.01 21
Portugal 20 5.01

Index 2013>5は以上の20の国と地域。
スイス発行の影響はどうか。ヨーロッパ多いし。
アジアでは日本はシンガポールに負ける。

地域ごとのTop5は
Table 2: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013: Europe
Switzerland 1 1 5.66 1 5.94 1 5.42 2 5.63
Germany 2 2 5.39 8 5.57 6 5.29 7 5.31
Austria 3 3 5.39 2 5.80 11 5.11 9 5.24
Spain 4 4 5.38 14 5.48 5 5.30 6 5.36
United Kingdom 5 5 5.38 17 5.44 10 5.13 3 5.57

Table 3: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013: The Americas
United States 1 6 5.32 44 4.95 2 5.36 1 5.65
Canada 2 8 5.28 27 5.27 8 5.17 5 5.39
Barbados 3 27 4.88 13 5.50 18 4.96 50 4.20
Panama 4 37 4.54 54 4.83 36 4.52 45 4.29
Mexico 5 44 4.46 83 4.43 61 3.92 15 5.02

バルバドスは、カリブ海、西インド諸島内の小アンティル諸島東端に位置する、英連邦王国の一国
(by Wikipedia)

Table 4: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013: Asia Pacific
Singapore 1 10 5.23 6 5.74 4 5.31 25 4.64
Australia 2 11 5.17 23 5.32 25 4.81 4 5.39
New Zealand 3 12 5.17 4 5.75 12 5.06 22 4.69
Japan 4 14 5.13 24 5.31 24 4.86 10 5.22
Hong Kong SAR 5 15 5.11 19 5.43 3 5.32 29 4.59

Table 5: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013: The Middle East and North Africa
United Arab Emirates 1 28 4.86 45 4.95 9 5.14 35 4.51
Qatar 2 41 4.49 48 4.93 31 4.70 75 3.85
Israel 3 53 4.34 36 5.07 51 4.08 71 3.86
Bahrain 4 55 4.30 77 4.46 32 4.69 83 3.74
Oman 5 57 4.29 56 4.81 47 4.20 76 3.84

バーレーン、カタール、UAE、オマーンとこの順に西から東。

Table 6: The Travel & Tourism Competitiveness Index 2013: Sub-Saharan Africa
Seychelles 1 38 4.51 47 4.94 42 4.35 48 4.26
Mauritius 2 58 4.28 32 5.16 55 4.04 93 3.65
South Africa 3 64 4.13 81 4.44 59 3.93 57 4.03
Cape Verde 4 87 3.87 79 4.45 66 3.72 107 3.45
Namibia 5 91 3.77 89 4.30 70 3.62 115 3.38

隣接する南ア、ナミビア以外のセーシェル、モーリシャス、カーボベルデは島国。
前者2つはインド洋のイギリス連邦加盟国、後者は大西洋の元ポルトガル領。

さて、日本であるが

その強みを140ヶ国中の順位から上位三つを選ぶと

Ground transport infrastructure.......................................................7 ......6.2
ICT infrastructure ............................................................................7 ......5.5
Cultural resources.........................................................................11 ......5.9

となる。ここでICTはInformation and Communication Technologyだろう。
つまり、地上輸送、情報、文化だ。

で、弱みは

Price competitiveness in the T&T industry ..................................130 ......3.5
Affinity for Travel & Tourism ..........................................................77 ......4.6
Availability of qualified labor ....................................................................69 ........5.1

で、価格競争力が無い。二番目は親近感が無い、というのは観光業のステータスが低いということか。
そのため人気が無く、質の高い労働者が少ないということかな。

細分化した項目をみると

強みは

4.02 Access to improved sanitation, % pop.* .......... 100.0 ..............1
4.03 Access to improved drinking water, % pop.* ... 100.0 ..............1
4.04 Hospital beds/10,000 pop.* ............................. 137.0 ..............1
11.10 Life expectancy, years* ...................................... 82.9 ..............1
12.04 Degree of customer orientation ............................ 6.4 ..............1

衛生環境、飲み水、病床数、寿命と客への案内が素晴らしいということかな。

弱みは

12.01 Tourism openness, % of GDP* ............................ 0.7 ..........137
10.02 Purchasing power parity* ..................................... 1.3 ..........134
2.06 Threatened species, %* ..................................... 13.5 ..........130
11.06 Hiring and firing practices .................................... 2.8 ..........130
12.03 Extension of business trips recommended .......... 4.5 ..........125

観光業が全く栄えていない。物価も高い。絶滅危惧種が多い。
雇用・解雇の状態がひどい。社用の出張を認めたがらない。
という感じだろうか。

まあ、きちんと元の説明を読まないと判らないが、
観光庁頑張れ、ってことになりそうだ。

2014年10月 6日 (月)

シストレ24のダービー

シストレ24のデモを4口座開いてダービーをしてみた。

種類は
MirrorTraderのストラテジー検索にある
マーケットベース
イマコレ
週間top100

Myシストレ24のユニット検索にある
金の卵おじさん ユニット
の4つ。

運用は結構いい加減。毎日見直したり、何日か空けたり。
まあ、自分の運用のシミュレーションとしては良し。

デモは10kまでなので金の卵の15k,10k,5kを10k,7k,5kに変えたりした。
金の卵が最初ストラテジー5個なので他も5個に揃えたが
金の卵が7個になったら他も7個にしたり。
他の3個は10kだったが後半は5kに減らしたり。
通貨ペアが偏ったので後半は各通貨ペア1個にしたり。

その意味で金の卵と他の3個は比較は難しいが、
他の3個はまあ同じ選び方にはなっている。

デモの有効期間1ヶ月での結果は
明らかなのがダントツのビリ。
それは「週間top100」
1,000,000円のスタートで853,078円。
つまりマイナス。
どうも一番良いときにランクインして
その後は落ちるだけ、
というパターンが多い。
つまりストラテジーの息が短い。

トップは「金の卵」で1,132,793。
1ヶ月で13%upは優秀か。

2,3位はデットヒートでおそらくほとんど同じ。
「マーケットベース」 1,059,504
「イマコレ」 1,058,399
つまりどちらも6%up。
悪くは無い。

どうも私はこれまで週間top100のような運用をして来たようだ。
単に金の卵をミラーする方が良いかもしれない。

2014年9月18日 (木)

TriAuto全通貨

Invastが記事の訂正をしないのでここに書いておく。

http://www.triauto.jp/supportblog/2014/09/past23.html

EUR/GBP 45.4pips 約1.583円
などと書いてある。

これは前の記事から逆算すると
GBP/JPY=349
に相当する。ほぼきっかり2倍になっている。。。

本当は変だぞと思って初めに戻って考えてみて前の記事を書いた。
その意味では教育的だったと言えなくも無い。

図に乗ってtriautoの全通貨ペアを調べてみた。
変動幅などは9月16日の時点で調べたので記事とは若干(一割ぐらい)異なる。

まずその変動幅は最大がEUR/AUDで100.8pips, 最小がZAR/JPYの7.4pips。

コレだと扱いづらいことを前の記事で書いた。
そこで変動「率」に焼き直す。便宜上レートはaskを使用。
そうすると変動率最大はZAR/JPYの75.8bpで最小がEUR/CHFの17.0bp。
ZAR/JPYが最小から最大になったのはZAR/JPYのレートが一桁小さいから。

レートは即ち証拠金でもある。
Invastは証拠金を固定してレバレッジを丸めている
それを考慮した証拠金変動率を出すと
最大がEUR/AUDの69.5bpで最小がEUR/CHFの16.9bpになる。
ZAR/JPY以外は24倍余りだが、ZAR/JPYは20倍を切るのでその分おとなしくなる。
言い換えるとZAR/JPYは証拠金が割高。

レートの変動は差であり、スプレッドに通ずる。
triautoではスプレッドは2.0-3.0pipsになっている。
これをbpにして見る。

最大はZAR/JPYの25.6bp、最低がGBP/JPYの1.4bp。
スプレッドはZAR/JPYが割高でGBP/JPYが割安ということ。
レバレッジ、証拠金を加味しても
最大はZAR/JPYの20.0bp、最小はGBP/JPYの1.4bpだ。

変動とスプレッドを比べてみよう。
最も利益となるのは変動-スプレッドの場合。
レバレッジ加味で最大はEUR/AUDの67.4bp、最小はEUR/CHFの14.8bp。
スプレッドの影響は小さい。

逆に最も損となるのは-変動-スプレッドの場合。
レバレッジ加味でZAR/JPYの-79.2bp、最小はEUR/CHFの-18.9bp。
こちらはZAR/JPYの割高スプレッドが効いている。

この2者の比を取るとRRR(return-risk ratio)みたいになる。
最大はGBP/JPYの0.949、最小はZAR/JPYの0.495。
これにはスプレッドの影響が如実に出る。
そもそもスプレッドがあるから1を超えない。
なお、これはbp同士の比なのでbpもレバレッジも関係しない。

さて、ここまで主にbpに沿って書いて来たが、
はじめのInvastの記事はpips以外に円換算していた。

それに倣うと
triautoで最小の1万通貨の場合
変動幅最大はGBP/CHFの10,224円、最小はZAR/JPYの740円。
スプレッド最大はEUR/GBPの433円、最小はUSD/JPYの200円。

うがった見方をするとtriauto側はスプレッドの最も高いEUR/GBPを持ち上げている。。。

なお、変動幅は時期によって変動する。
triautoの通貨ペア数縮小前の100pips越えの通貨ペアは
GBP/NZD、GBP/AUD、EUR/NZDだった。
どれも縮小で消えてしまった。

ユーザ側の反応は
http://www.triauto.jp/setupblog/2014/09/post-02.html
にあるが、
上で挙げた通貨ペアが出て来るのは面白い。


FXの基本

通貨ペアをC1/C2と書き、換算通貨をC3としよう。
一番取引の多いEUR/USDをJPY口座で売買する場合、
C1=EUR, C2=USD, C3=JPYということ。

取引量をv、レバレッジをlとすれば、
必要証拠金m=C1/C3*v/l。
価格がd(C1/C2)動けば、
利益p=d(C1/C2)*C2/C3*v

結構複雑な式だが、
利益率はp/m=d(C1/C2)/(C1/C2)*l
=r(C1/C2)*l
と簡単になる。

比率なので取引量の依存性は消え、
どの通貨に換算しようと関係なく、
価格の変化率r(C1/C2)にレバレッジを掛けただけの形となる。
ある意味、これがレバレッジの効果が最もわかりやすい。

r(C1/C2)を1e4倍したものをベーシス・ポイントbpで表すことが多い。
d(C1/C2)を1e4(***/JPYは1e2倍)したものをピップスpipsと呼ぶが
利益pの式の煩雑さから余り有用なものとは思えない。

2014年2月 5日 (水)

主要国での取引通貨の順位

国毎に通貨のシェアを見てやる。
LibreOfficeのCalcは横ソートできないようなので、
取扱量の多い国だけを目ソートで。

United-Kingdom 40.9
USD,EUR,JPY,GBP,AUD,CHF,CAD,
SEK,TRY,NZD,MXN,NOK,OTH³
7位のCADまで総合と同じなのはさすが40.9%のUK。
10位までにSEKとTRYが食い込む。

United-States 18.9
USD,EUR,JPY,GBP,
CAD,AUD,MXN,CHF,RES⁴
総合と同じなのは4位まで。
同大陸のCADとMXNがランクアップ。
RESが多いのは
UK主導の通貨選択に合わない物が多いと言う事だろう。

Singapore 5.7
USD,
JPY,EUR,AUD,SGD,GBP,CNY,OTH³
総合と同じなのはUSDだけ。
同経度のJPY,AUDがランクアップで
SGDとCNYが食い込んでいる。

Japan 5.6
USD,
JPY,EUR,AUD,GBP,CAD,ZAR,NZD,CHF,TRY,HKD,MXN,SGD,OTH³
割とSingaporeに似る。と言ってもUSDとJPYが共に8割近い。
それもあってかOTHが小さく、ずらずらと列挙する羽目に。
ZARが高いのが目立つだろうか。あと、TRYとMXN。

Hong-Kong-SAR 4.1
USD,
JPY,HKD,CNY,EUR,AUD,GBP,SGD,KRW,OTH³
HKD,CNYが目立つが、これらを除くと
Singapore,Japanに似る。
東南アジアのOTHが多いSingaporeと違い、
北のKRWが多い。
そう思うとJapanは遠目が多いのか。

2014年2月 4日 (火)

各通貨の各国への影響

BISのTable 6.1-6.4で挙げられた各通貨のシェアをここで挙げられた各国内で計算。それを各通貨でソートして総計におけるシェアよりも大きいものをリストした。分かりづらいので結果を見ながら説明する。

USD country 27/24
99.86% Peru
99.82% Colombia
99.02% Mexico
98.25% Korea
98.23% Philippines
98.03% Chile
96.16% Israel
96.13% Hong-Kong-SAR
95.91% South-Africa
95.28% India
94.41% Argentina
93.86% Thailand
93.67% China
92.71% Russia
92.60% Bahrain
92.45% Brazil
92.02% Canada
91.74% Latvia
91.52% Singapore
90.44% Australia
90.44% New-Zealand
89.99% Chinese-Taipei
88.76% Portugal
88.67% *United-States
87.95% United-Kingdom
87.89% Malaysia
87.70% Saudi-Arabia
87.31% TOTAL

総計でのUSDのシェアは87.31%。
それよりもUSDのシェアが大きい国は27ヶ国有った。
本家のUnited Statesは24番目。
それを第一列に27/24と示す。
つまり、23ヶ国は本国より影響を受け、
3ヶ国は本国よりは少ないものの平均よりは影響を受ける、
と言うことである。
元々が54ヶ国のデータ中なので影響が半数に及ぶと言うことでもある。

EUR country 25/16:
97.27% Bulgaria
94.89% Lithuania
94.74% *Estonia
91.95% Romania
91.14% *Greece
84.27% *Italy
82.70% *Slovakia
82.01% *Portugal
79.01% *Austria
73.93% *Spain
70.27% *Finland
66.72% *Latvia
66.15% *Ireland
64.01% Czech-Republic
61.14% *Luxembourg
59.16% *Germany
56.24% *France
54.98% *Belgium
54.49% Denmark
51.30% Hungary
49.34% Poland
48.60% *Netherlands
47.04% Sweden
44.69% Switzerland
37.03% United-Kingdom
33.55% TOTAL

これも国数は多いがそもそもEUR採用国(*印)が多い。
本国の位置はここではGernanyにしておいた(:付きで)。
それ以外の通貨はどうもTOTALに近いほど重そうだ。
即ちGBP, CHF, SEK, PLN, HUF, DKK, CZK, RON...

JPY country 5/1
75.48% *Japan
31.61% Indonesia
25.40% Singapore
23.73% United-States
23.01% United-Kingdom
22.72% TOTAL

影響国がガクンと減り、本国が第一位。
と言ってもこれが普通といえば普通。

GBP country 8/4
25.48% Ireland
24.21% Estonia
16.52% Belgium
15.59% *United-Kingdom
14.76% Netherlands
14.65% France
14.33% Germany
11.65% Norway
11.57% TOTAL

影響国が増え、本国より影響を受ける国も少なからず有る。
と言ってもEUR同様、ヨーロッパで閉じている。
本国でも20%に行かないところがすごい。
値が動こうと大したことない、という裏返しなのか。

AUD country 7/1
50.27% *Australia
14.65% Chinese-Taipei
13.76% New-Zealand
11.99% Singapore
9.29% Japan
9.13% Greece
8.81% Hong-Kong-SAR
8.76% TOTAL

影響国数がJPYより多い。
Greeceがあるのは何故だろう。。。

CHF country 15/1
28.91% *Switzerland
16.88% Finland
15.97% Greece
12.91% Austria
12.17% Luxembourg
9.72% Germany
7.72% France
7.48% Netherlands
6.59% Hungary
6.55% Norway
6.19% Portugal
5.88% Belgium
5.72% Poland
5.25% Italy
5.25% Romania
5.23% TOTAL

これも影響国が多い。と言ってもヨーロッパは国が多い。
でも、GBPよりは世界通貨っぽいのかもしれない。
また、GBP同様、本国への影響が小さい。

CAD country 4/1
60.86% *Canada
8.29% United-States
5.96% Netherlands
4.83% Ireland
4.56% TOTAL

欧州北西にも影響国がある。

MXN country 5/1
96.80% *Mexico
5.69% United-States
5.69% Spain
3.13% Brazil
3.12% Canada
2.40% TOTAL

ラテンつながりのSpainとBrazil。
それにしても本国への影響大。

CNY country 4/1
75.75% *China
18.02% Hong-Kong-SAR
9.87% Chinese-Taipei
6.23% Singapore
2.21% TOTAL

もろ中華圏。

NZD country 5/1
77.12% *New-Zealand
10.82% Australia
2.52% Singapore
2.40% Hong-Kong-SAR
2.34% United-States
2.00% TOTAL

欧州以外だ。

SEK country 9/1
39.26% *Sweden
14.65% Finland
10.09% Denmark
9.36% Norway
3.16% Estonia
2.46% Netherlands
2.24% France
2.24% Ireland
2.16% Luxembourg
1.82% TOTAL

これも本国への影響が少ない方。

RUB country 6/1
79.27% *Russia
22.57% Latvia
10.53% Estonia
2.84% Finland
2.08% Lithuania
1.74% Netherlands
1.51% TOTAL

近傍以外にオランダが有るんだ。。。

HKD country 6/1
18.18% *Hong-Kong-SAR
4.13% Indonesia
3.83% China
2.62% Singapore
1.84% Netherlands
1.60% Australia
1.55% TOTAL

これも本国への影響が小さい。
またオランダ有り。

NOK country 11/1
51.88% *Norway
11.26% Sweden
7.34% Denmark
4.17% Belgium
2.49% Switzerland
2.39% Netherlands
2.19% Luxembourg
2.11% Estonia
1.87% Germany
1.65% Portugal
1.60% Ireland
1.51% TOTAL

欧州通貨。

SGD country 5/1
8.58% *Singapore
4.63% Hong-Kong-SAR
3.47% Malaysia
1.80% Indonesia
1.69% Australia
1.46% TOTAL

本国への影響、1割以下。

TRY country 6/1
64.51% *Turkey
6.33% Bahrain
2.34% Austria
1.79% Slovakia
1.77% United-Kingdom
1.34% Luxembourg
1.29% TOTAL

バーレーンはイスラム圏つながりか。

KRW country 3/1
84.03% *Korea
3.58% Singapore
2.92% Hong-Kong-SAR
1.18% TOTAL

影響国が少ない。

ZAR country 6/1
76.18% *South-Africa
1.80% Chinese-Taipei
1.79% Luxembourg
1.50% Japan
1.21% Netherlands
1.18% United-Kingdom
1.13% TOTAL

日本も好きだが台湾も好きなようだ。
というか、日本と台湾が近いのか。

BRL country 5/1
73.64% *Brazil
5.34% Luxembourg
3.03% Spain
2.43% United-States
1.19% Canada
1.05% TOTAL

ルクセンブルクが目立つ。
ZARとBRLで南半球を意識しているのか?

INR country 3/1
81.99% *India
4.23% Singapore
1.33% Hong-Kong-SAR
0.93% TOTAL

KRWと同じで影響国少ない。

DKK country 10/1
21.20% Finland
19.31% *Denmark
5.73% Belgium
2.93% Norway
1.90% Sweden
1.30% Netherlands
1.10% France
1.04% Luxembourg
1.00% Ireland
0.89% Germany
0.86% TOTAL

GBPライクで本国への影響の少ないパターン。

PLN country 18/1
72.00% *Poland
11.34% Slovakia
6.32% Estonia
4.07% Belgium
3.86% Austria
3.52% Czech-Republic
1.76% Hungary
1.57% Italy
1.35% Germany
1.33% Lithuania
1.32% Netherlands
1.02% Spain
0.88% United-Kingdom
0.85% Denmark
0.81% Norway
0.76% Luxembourg
0.74% France
0.72% Switzerland
0.70% TOTAL

影響国が多いが欧州だけである。

TWD country 4/1
42.87% *Chinese-Taipei
1.70% Hong-Kong-SAR
1.46% Singapore
0.52% Netherlands
0.43% TOTAL

オランダは一応元宗主国かな。

HUF country 12/1
70.84% *Hungary
4.32% Italy
2.41% Austria
2.15% Slovakia
2.14% Poland
1.92% Belgium
1.28% Czech-Republic
1.18% Germany
1.05% Estonia
0.89% Romania
0.57% United-Kingdom
0.44% France
0.41% TOTAL

PLNと似て影響国は多いが欧州ばかり。
と言うか、TOTALが下がっているので引っかかりやすいとも言える。

OTH³ country 25/1:
96.04% *Peru
93.82% Argentina
93.15% *Colombia
90.24% *Chile
86.45% *Malaysia
81.82% Lithuania
81.38% *Thailand
79.54% Bulgaria
75.44% *Philippines
67.85% *Czech-Republic
66.01% *Romania
58.55% *Indonesia
51.86% *Saudi-Arabia
48.67% *Israel
7.88% Slovakia
7.24% Austria
5.16% Singapore
4.96% Bahrain
4.82% Greece
3.16% Estonia
3.05% Latvia
2.98% Belgium
2.66% Canada
2.58% Poland
2.42% Hong-Kong-SAR
2.30% TOTAL

25-35位の通貨の本国が並ぶ。

RES⁴ country 13/1:
76.12% Bahrain
51.38% Israel
20.19% Saudi-Arabia
14.37% Austria
9.76% Spain
8.80% Turkey
4.77% Indonesia
4.30% Germany
4.28% Luxembourg
4.07% Italy
4.02% Philippines
2.90% United-States
1.65% South-Africa
1.56% TOTAL

RESは取り上げなかった通貨のシェアが多いという事だろう。
バーレーンとかは湾岸各国の通貨だろうか。

通貨別の主要取引国

シンガポールに抜かれた日本の通貨別版。BISのTable 6.1-6.4を基に各通貨の>1%を扱う国をリストした。

USD
United-Kingdom 41.16%
United-States 19.22%
Singapore 6.02%
Japan 5.10%
Hong-Kong-SAR 4.53%
Switzerland 3.12%
Australia 2.82%
France 2.78%
Netherlands 1.59%
Germany 1.51%
Denmark 1.31%
Canada 1.02%

USDが全通貨ペアに占める割合が高いので
全通貨ペアとほとんど同じ順番。

EUR
United-Kingdom 45.10%
United-States 17.67%
France 4.77%
Switzerland 4.32%
Singapore 3.44%
Japan 3.28%
Germany 2.93%
Denmark 2.50%
Netherlands 2.44%
Hong-Kong-SAR 1.70%
Spain 1.42%
Luxembourg 1.40%
Australia 1.19%

当然ながら欧州各国が順位を上げている。

JPY
United-Kingdom 41.38%
United-States 19.77%
Japan 18.63%
Singapore 6.42%
Hong-Kong-SAR 3.33%
Australia 1.73%
Switzerland 1.65%
France 1.59%
Denmark 1.01%

日本が2位に肉薄の3位。

GBP
United-Kingdom 55.04%
United-States 17.46%
Singapore 3.75%
France 3.60%
Japan 3.00%
Switzerland 2.98%
Hong-Kong-SAR 2.16%
Netherlands 2.15%
Germany 2.06%
Australia 1.74%
Denmark 1.00%

英国が貫禄の過半数。

AUD
United-Kingdom 38.56%
United-States 17.89%
Australia 15.63%
Singapore 7.86%
Japan 5.95%
Hong-Kong-SAR 4.14%
France 1.86%
Switzerland 1.71%
Netherlands 1.41%

オーストラリアが2位に迫る3位。JPYと似ているか。

CHF
United-Kingdom 39.30%
Switzerland 17.94%
United-States 17.74%
France 4.20%
Singapore 3.71%
Germany 3.09%
Netherlands 2.41%
Luxembourg 1.79%
Japan 1.56%
Australia 1.40%
Hong-Kong-SAR 1.12%
Denmark 1.06%

スイスは僅差ながらかわして第2位。

CAD
United-States 34.45%
United-Kingdom 34.00%
Canada 12.98%
Singapore 3.15%
Netherlands 2.20%
Hong-Kong-SAR 2.08%
France 2.05%
Japan 1.98%
Switzerland 1.87%
Australia 1.85%

カナダも3位だが、ここでは米国が英国を僅差でかわし1位。

MXN
United-States 44.87%
United-Kingdom 26.23%
Mexico 19.42%
Spain 1.53%
France 1.44%
Netherlands 1.30%
Canada 1.27%

メキシコが3位で、米国が英国を圧倒の1位。
前宗主国スペインが4位。

CNY
Hong-Kong-SAR 33.52%
China 22.71%
United-Kingdom 16.45%
Singapore 16.17%
United-States 5.84%
Chinese-Taipei 1.74%

全く異なる市場。香港、中国で過半数。
シンガポールも米国を圧倒、英国に肉薄の4位。
中華圏残りの台湾も6位に。

NZD
United-Kingdom 33.79%
United-States 22.13%
Australia 14.71%
Singapore 7.22%
New-Zealand 6.79%
Hong-Kong-SAR 4.94%
Japan 4.10%
Switzerland 1.50%
Netherlands 1.32%
France 1.08%

ニュージーランドが5位だがオーストラリアが3位に。

---ここまでが10位。

SEK
United-Kingdom 40.52%
United-States 16.61%
Sweden 14.06%
Denmark 8.52%
France 3.50%
Switzerland 2.87%
Netherlands 2.27%
Singapore 1.83%
Finland 1.79%
Norway 1.65%
Germany 1.52%

スウェーデンが3位。良く有るパターン。
北欧はデンマーク4位で
フィンランド9位、ノルウェー10位。

RUB
Russia 47.83%
United-Kingdom 34.86%
United-States 7.04%
Switzerland 2.35%
Netherlands 1.94%
Germany 1.07%
France 1.03%

これも変わった市場。
ロシアが1位の5割で、
2位の英国と合わせて8割。

HKD
Hong-Kong-SAR 48.14%
United-Kingdom 20.85%
Singapore 9.69%
United-States 7.69%
Australia 2.80%
Netherlands 2.00%
China 1.63%
Japan 1.51%
France 1.27%
Germany 1.03%

これもRUBに似ているか。
香港5割で英国と合わせて7割。
7位に中国。

NOK
United-Kingdom 40.30%
United-States 16.71%
Norway 11.08%
Denmark 7.50%
Switzerland 5.37%
Sweden 4.88%
Netherlands 2.67%
France 2.46%
Germany 2.06%
Singapore 1.42%
Luxembourg 1.11%

3位ノルウェーの良く有るパターン。
近傍の金融国、
デンマークとルクセンブルクがやや目立つ。

SGD
Singapore 33.81%
United-Kingdom 25.75%
United-States 15.33%
Hong-Kong-SAR 13.06%
Australia 3.17%
Switzerland 1.45%
Japan 1.41%
France 1.19%
Netherlands 1.16%

1位がシンガポールで3割。
英国と合わせて6割。
香港も3位に近い4位。

TRY
United-Kingdom 56.03%
Turkey 20.49%
United-States 10.68%
Switzerland 2.74%
Japan 2.54%
Germany 1.52%
France 1.25%

トルコが3位にダブルスコアの2位。
だが、英国が6割で1位。
2位までで8割の寡占状態。

KRW
Korea 50.94%
Singapore 17.51%
United-Kingdom 10.60%
Hong-Kong-SAR 10.23%
United-States 7.03%
Japan 1.03%

英国を3位においての過半数1位の韓国。

ZAR
United-Kingdom 42.54%
South-Africa 21.15%
United-States 16.46%
Japan 7.44%
Netherlands 1.81%
Switzerland 1.80%
Singapore 1.73%
France 1.47%
Germany 1.25%
Luxembourg 1.21%

南アフリカが2割で2位。
4割の英国とで6割。
日本もここでは4位と健闘。

BRL
United-States 43.80%
United-Kingdom 26.93%
Brazil 18.09%
Luxembourg 3.90%
Spain 1.86%
Japan 1.13%
Canada 1.10%

ブラジルが3位だが、
米国が英国を押さえ1位。
ラテンアメリカということで5位のスペインが有るが、
それ以上に4位のルクセンブルグが目立つか。

INR
India 41.40%
Singapore 26.15%
United-Kingdom 14.69%
United-States 8.84%
Hong-Kong-SAR 5.89%

インド4割、シンガポール3割、
合わせて7割の寡占状態か。

---ここまでが20位。

DKK
Denmark 34.57%
United-Kingdom 32.93%
Finland 5.50%
United-States 5.50%
France 3.63%
Switzerland 2.87%
Netherlands 2.55%
Belgium 2.16%
Germany 1.72%
Sweden 1.44%
Japan 1.44%
Singapore 1.23%
Norway 1.10%

デンマークが王者英国をかわして1位。
3位のフィンランド、8位のベルギーが目新しい。

PLN
United-Kingdom 50.77%
United-States 12.82%
Poland 11.58%
Switzerland 3.32%
Germany 3.19%
Netherlands 3.14%
France 3.00%
Belgium 1.87%
Denmark 1.85%
Austria 1.43%
Japan 1.34%

3位ポーランドの良くあるパターン。
ここでもベルギーが8位。

TWD
Chinese-Taipei 38.60%
Singapore 19.35%
Hong-Kong-SAR 16.07%
United-Kingdom 12.76%
United-States 8.35%
Netherlands 2.03%
France 1.16%

台湾が4割、シンガポール、香港が2割ずつで
合わせて8割寡占の変わった市場。

HUF
United-Kingdom 57.24%
United-States 12.08%
Hungary 10.01%
Germany 4.82%
Italy 3.76%
France 3.03%
Austria 1.54%
Belgium 1.52%
Switzerland 1.27%

ハンガリー3位も英国6割の1位。
イタリア5位が目新しい。

---

OTH
United-Kingdom 25.71%
Singapore 12.86%
United-States 8.51%
Chile 7.02%
Thailand 6.77%
Malaysia 6.24%
Hong-Kong-SAR 4.33%
Israel 2.49%
Czech-Republic 2.17%
Colombia 2.03%
Indonesia 1.91%
Philippines 1.83%
Saudi-Arabia 1.68%
France 1.51%
Romania 1.44%
Germany 1.41%
Peru 1.36%
Netherlands 1.23%
Switzerland 1.18%
Canada 1.12%

以下の25位から35位のマイナー通貨がOTHとしては目立つ。
日本がここに無いのは日本のメジャー志向か。

28 CLP chile
27 THB thiland
25 MYR malaysia
29 ILS israel
26 CZK czech
33 COP colmbia
30 IDR indonesia
31 PHP philippines
34 SAR saudi
32 RON romania
35 PEN peru

---

RES
United-States 35.22%
United-Kingdom 25.14%
Bahrain 6.92%
Germany 4.58%
Spain 4.04%
Israel 3.88%
Singapore 3.55%
Austria 2.40%
Turkey 2.31%
Luxembourg 2.10%
Switzerland 1.97%
France 1.37%
Netherlands 1.07%
Hong-Kong-SAR 1.06%

さらに残り物でbahrainがやや目立つ。

2014年2月 3日 (月)

シンガポールに抜かれた日本

FXの国ごとのシェアは以下の通り。BISのTable 6から抜粋。

UKが4割、USが2割。ここまではLondon-time, NY-time。しかし、第三位にシンガポールが食い込む。
前回調査まではTokyo-timeと言っても良かったが、これからはSingapore-timeだろうか。
まあ、Singapore-Tokyo-Hong Kongで15%ってところなのだが。

Total 100.0
United-Kingdom 40.9
United-States 18.9
Singapore 5.7
Japan 5.6
Hong-Kong-SAR 4.1
Switzerland 3.2
France 2.8
Australia 2.7
Germany 1.7
Netherlands 1.7
Denmark 1.5
Canada 1.0
Russia 0.9
Luxembourg 0.8
China 0.7
Korea 0.7
Sweden 0.7
Spain 0.6
India 0.5
Mexico 0.5
Chinese-Taipei 0.4
Italy 0.4
Turkey 0.4
Austria 0.3
Belgium 0.3
Brazil 0.3
Norway 0.3
South-Africa 0.3
Chile 0.2
Finland 0.2
Ireland 0.2
Malaysia 0.2
New-Zealand 0.2
Thailand 0.2
Bahrain 0.1
Colombia 0.1
Czech-Republic 0.1
Hungary 0.1
Indonesia 0.1
Israel 0.1
Philippines 0.1
Poland 0.1
Portugal 0.1
Romania 0.1
Saudi-Arabia 0.1
Argentina 0.0
Bulgaria 0.0
Estonia 0.0
Greece 0.0
Latvia 0.0
Lithuania 0.0
Peru 0.0
Slovakia 0.0

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ