つぶやき

2018年5月12日 (土)

最寄り駅

辺境に住んでいると最寄り駅が良く分からない。バス会社は4社、バス停名も4つ。内1つはT字路にあり、3つに分裂。バス会社用意の時刻表は10個。鉄道駅名は8つ。Google Mapsで徒歩を指定すると19分から64分に分布。さて、バスとどう比べるか。

一社を除き、平日、土曜、休日の3種の時刻表がある。始バス、終バス間の時間を本数で割って、平均間隔を出してみた。10分未満から1時間半越えまで出て来る。ざっと見ると、本数が100本辺りで間隔10分と50本辺りで間隔20分が目に付く。これを越えると間隔1時間ほどになる。本数は10本と20本辺りに分かれるが、始バスと終バスの間隔が違うだけのようだ。

勿論、ラッシュ時とか、濃淡はあるのだが、あくまで平均。便ごとの間隔時間の半分が平均の待ち時間と見做せる。後はバス停までの歩行時間を足せば、バス便での平均所要時間が出る。

結果はバス1日100本の駅が最小所要時間を記録。これが我が家の最寄り駅なのだろう。15分を越えるのだが。次が歩いて20分の駅で、その次が歩いて30分の駅。後は全て30分を越える。

2018年5月 9日 (水)

車は前突込みが基本

乗車中は視界が限定される。そのような状況で後ろへの切り返しで車庫入れをするのは危険。搭乗前の視界良好の時に状況を把握した上で後ろ切り返しで発車するべきである。また、車は発車前に暖気が必要である。停まったまま暖気をしてから、やおら発車するよりも後ろ切り返しをしながら暖気を終え、そのまま発車する方が理に適っている。

2018年4月27日 (金)

ダイバーシティ、格好だけ?

https://www.bizreach.jp/content/executive/dabadiversity

このうち3-4社は見たが、どうかな。言っていることとやっていることが違っていないか。或いは、向いている方向が違うのか。

何かcocolog、最近左上半分が真っ白になる。編集しづらい。

気付いていないのが多過ぎる。

https://next.rikunabi.com/company/cmi0098277008/nx1_rq0015732578/
単なる「採用決定の量産屋」になっていた自分に気がついた

新たな発見は無いが、まとめにはなっている

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/2096/

「前任担当者のスキルに引っ張られて要件を設定する」ということが起こる

「実際に採用を担当する現場の方が、採用に精通しているわけではない」
「人を採用する」ということに対してプロではないので、
合否にブレが出たり、転職者の持っているスキルを見抜けなかったりする
個人の感覚的な「合う/合わない」という判断により、不採用とされてしまう場合もある

「この会社に入社することで自分は本当に活躍できそうか」
「活躍できるとしたら、どのように活躍できるのか」についてきちんとイメージができた上で応募

募集する人材像や募集背景を読み、
「企業が本当に求めていること」は何かをしっかりと理解したうえで、
自分の経験をそれに沿って整理し伝えるように

直接会って話を聞くという「1次情報」を積極的に取り入れるように

「転職理由」を聞くのは、
「あなたが『これから』『この会社で』何をしたいのか」という「転職で実現したいこと」を聞きたいから。
面接における質問の真意をしっかり理解したうえで答えるように

転職活動は「営業活動」に似ています。
「相手(=企業)は自分に何を求めているのか?」を十分に理解したうえで、
「自分は何が提供できるのか?」を考え、整理し伝える。

周りがダメなのだから抜け出すのも手

https://next.rikunabi.com/journal/20171208_D/

「忙しいふり」なんていう、自分の価値を下げるようなことはしないほうがいい。
同僚の陰で悶々とするのではなく、主体的に動いて業務をもらい「私がやりました!」と主張したほうが断然オトク。

負荷はかかるのに評価はされない。
そんな残念な状況に甘んじるぐらいならば
「手抜き」よりも評価を取りに行こう。

とは言え、全て個人で対処しろと言うこと。周りがダメなのだから抜け出すのも手だ。

2018年2月22日 (木)

JR、所詮は民間ではないか。

------------------------------------------------------------------------------
Suicaポイントクラブから【JRE POINTへの移行のご案内】というメールが来た。
私は
1: SuicaポイントクラブのユーザーID
2: JRE POINT カード番号(及びカード実体)
の2点を持っている。

多分、
http://jrepoint.okbiz.okwave.jp/faq/show/565?category_id=120
から
A: JRE POINT WEBサイトの新規登録
B: 移行手続き
の二課程をやるのだと思われる。

不明なのは
JRE POINT カード番号(及び既にJRE POINTに溜まっているポイント)の扱い。
どうなるのか?

そもそもは
https://www.jrepoint.jp/
にJRE POINTとあるだけで、しかも「新規入会」とある。
私は入会は済んでいるのだから「WEBサイトへの新規登録」が無いといたずらに惑わせるだけ。
ユーザー側の視点の抜けたサービスに不安を感じる。
--------------------------------------------------------------------------------
との問い合わせをしようと思ったが、
https://secure.okbiz.okwave.jp/jrepoint/helpdesk/new
の必須項目の多さに呆れてここに晒す。
8項目も書かせたら、全部JR側で移行等を終えるのだろうな。で、なければ単なる二度手間。
ユーザーは羊か何かか。

大体、フォームに書かせること自体がオカシイ。
メールなら本文を書いて送るだけ。
返信は宛名に返信するだけだ。
自分たちのシステムを守ることしか考えていない。

で、電話が良いかと思うもフリーコールが無い。
0570と言う全国統一番号。
主に官公庁が使う有料番号らしい。

これでは意見を言うなというのと同じ。
それなら、完璧なシステムを作ってみろよ。
穴だらけだから、こうして質問が生じるのだ。
無能さを晒すな。ボケ。

民間はユーザーからのコンサルテーションを受ける心意気で、
所謂、「お客様は神様です。(コンサルテーションをしてくれるのにコンサル代を請求しない)」と言う奴で、
フリーコールを導入していると思うのだが、JRは違うらしい。

2018年2月 6日 (火)

海外とは違うな。

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/yametai

あり得ないオンパレード
「忘年会や新年会で、毎回出し物をしなければならない」
「あれもダメ、これもダメ。新しいことに何も挑戦できない」
「ゴマすり上手が出世する会社だと悟った」
「休みの日に強制的にボランティア活動に参加させられ、感想文を書かなければならない」
「自分の仕事を全うし、正当な評価を受ける。それが当たり前ではない職場」
で、こうか
「頑張った分だけ評価されると聞いて、外資系企業に転職した」
「逃げればいい。人生はやり直せる」
でも、これはウソ
「頑張っていたら、自分を見ていてくれる人は必ずいる」

2018年1月17日 (水)

労働者が搾取されているという構造

twitterで溢れたのでこっち。

https://my.adecco.jp/service/auth/support/reassurance/dial/pdf/H23_kokoronokenko.pdf
これはひどいわ。対症療法だけだ。労働者に全てを負わせている。本来は労働者のストレス管理は雇用者の仕事だ。それができない馬鹿が上に居るから問題になる。それを改善してしまうと己の存在意義を失うので改善しないお役所という持ちつ持たれつの構造で、結局は労働者が搾取されているという不始末。

2017年11月14日 (火)

吉祥寺プティット村

ねこのてカンパニーが手掛けている吉祥寺プティット村の工事が終わり、建物が完成していた。複数の店舗が入るテーマパークとのこと。そのうちのメインだろう、cat cafe てまりのおしろはシークレットオープンということで不定期ながら既に営業を開始している。不思議なネコの森ポイントカード会員限定なので、加盟店であるcat cafe てまりのおうち、或いは、とことこ雑貨店で会員にならないとまだ利用できないということらしい。残りの店舗の開店は(9月時点で)来年頭とのことだったので、まあ、バレンタインデー位を念頭においておけば良いのかもしれない。「追記(2017/11/11)」が見つけた中では最新レポート。

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ